死の教訓 ジェフリーディーバ―

2017.05.12(16:16)

死の教訓
上巻の300ページ手前あたりまで頑張るも
一向に面白くならないし話は散漫でどうにもならない。
今迄の不満点を踏まえつつこれは苦痛としか言いようがない。
相変わらず出だしからは毎度ページをめくる手が進まない。




⇒死の教訓 ジェフリーディーバ―の続きを読む

後妻業の女 映画版 東宝

2017.05.11(13:37)

後妻業 黒川博行 の映画版をやっと見てみた。

大好きな黒川作品の映画化どんな風に料理してくれるのだろうかと。
人間的に嫌いな大竹しのぶではあるが女優の大竹しのぶは信頼感がある。
黒い家も嫌々ながら見たっけ。覚えてないけど。


⇒後妻業の女 映画版 東宝の続きを読む

冗談が冗談にならない

2017.05.11(00:50)

「冗談は通じないよ」という人がいる。うん本当だダメだこりゃな人。




⇒冗談が冗談にならないの続きを読む

完全なる報復 '09

2017.05.07(22:30)

U-NEXT再々々入会のおかげでジェラルドバトラー見ることに。
家族を惨殺された主人公が犯人の検事側に意に染まぬ司法取引を
(この検事自身の有罪検挙率を維持するためだけの理由で)
飲まされ10年の時を経て当時の関係者に復讐していくお話。


途中でこの検事どこかで見たことあるなぁ。。。あぁジャンゴだ!と
気付いたのは面白かった。また奴隷から大統領から検事へと転身w
ジャンゴはタラのおかげですべてにおいてアクが強すぎたけど
ジェイミーフォックスってウマい人なんだなぁと見るほどに思う。

さてこの復讐劇が壮絶なのだけど 獄中から犯行を重ねるところが
素晴らしく見応えがある。何より知力を駆使した方法が新鮮。
犯人は勿論ながら一番憎むべきはこのジェイミー検事なのに。

ラストでチェロが爆発しなかったのがこの映画の最大の間違い。
描写はどうであれ。。。ね。 これは再見可能物件 良作でした。


中で掛かる音が色々と気持ちいい。
メンツ見ると(もう老化か名前が出てこないしね)そりゃそうだなと。
ラストなんかグランドファンクだもの気持ち良くないはずがない。
Sins a Good Man's Brother
おかげで見た後ダラダラようつべでファンク聞いてた明け方まで。

刑事物語1 '82  遺産相続'90

2017.05.06(14:10)

次期水戸黄門武田鉄矢ニュースを友人から聞き芸スポスレを見ていた。
説教臭い黄門になるんだろうなと思っていると やはり多くの人も思うことw
そしてヌンチャクやハンガーを出して戦う黄門になるかもしれないレスを見て



⇒刑事物語1 '82  遺産相続'90の続きを読む

WRESTLE-1レッスル1 2017.5.4 後楽園ホール

2017.05.05(01:15)

お昼抜いてったんでチア1ダンスになんとか間に合った!
P5040002.jpg P5040007.jpg
啓子ちゃん健在は嬉しいが永友ちゃんがいないと寂しいね(´;ω;`)
一番左の子はだんだん芸能人らしく&可愛い顔つきになってきた。

⇒WRESTLE-1レッスル1 2017.5.4 後楽園ホールの続きを読む

天童よしみ45周年記念コンサート行ってきた

2017.04.30(16:03)

tendo.jpg
サブちゃん特別公演が終了して3年か。。。
オジ―も単独日本公演やらないし生バンドとプロの声聞きたいし
またネタになるかな?wと行くことにした。




⇒天童よしみ45周年記念コンサート行ってきたの続きを読む

ヘルズキッチン ジェフリーディーヴァ― ’02早川

2017.04.21(14:32)

刊行時に別名義で出された初期作。
いつも通り最初から暫く辛く 一向に進まずまわりくどく苦行の読書。
閑話休題とばかりに何故か三人もの評論が載っているあとがきに飛ぶ。
それがまた無理くり褒めてるような気のない文章だった為もう完読諦めて
途中で放り出そうと何度も思うが300ページを超えたあたりからなんとか。
全517ページ せめて1/5は絞って欲しかった。


⇒ヘルズキッチン ジェフリーディーヴァ― ’02早川の続きを読む

  1. 死の教訓 ジェフリーディーバ―(05/12)
  2. 後妻業の女 映画版 東宝(05/11)
  3. 冗談が冗談にならない(05/11)
  4. 完全なる報復 '09(05/07)
  5. 刑事物語1 '82  遺産相続'90(05/06)
  6. WRESTLE-1レッスル1 2017.5.4 後楽園ホール(05/05)
  7. 天童よしみ45周年記念コンサート行ってきた(04/30)
  8. ヘルズキッチン ジェフリーディーヴァ― ’02早川(04/21)
前のページ 次のページ