火と汐 松本清張 阿刀田高編集 '95 中央公論

2018.04.22(13:21)

元はオール読物に連載された1967年作品で、この中央公論社版に
「点と線」に抱き合わせの恰好で刊行されたコレクションシリーズ本。

1ページ目からなんとも言えぬ読み心地。
女の足元にチラリと見え隠れするスリップのほんの端の描写から
たった2ページほどでこの女の深層心理をさらけ出し覗き込む。
得も言われぬ味わい深い濃密な行間に読書心を一発で打ち抜かれた。
⇒火と汐 松本清張 阿刀田高編集 '95 中央公論の続きを読む
スポンサーサイト

レッスル1観戦記 2018.4.18 後楽園ホール

2018.04.21(14:21)

土曜のガオラ見たらまた改めて感想書くかも。
前日の疲れもあり、カードも魅力なくギリギリ悩んだけども
とうとう行かなかったよ。。。
取りあえず試合結果とメインについて思うことなど。

ツイでノブさんという人が色々書いていたが私もまったく同じ気持ち。
肝心の試合より観戦仲間に会うことが楽しみで行っているんだもの。
無責任に面白いと持ち上げるファンが増えたおかげで現実が伴わない。
誉めて伸ばす現代だから、それに若いお客も迎合して傷の舐めあい。
選手も鼻だけ伸びて技術も技能も伸びちゃいねーじゃないのよ。。。

⇒レッスル1観戦記 2018.4.18 後楽園ホール の続きを読む

ザ・デイサービス・ショウ2018 明治座行ってきた

2018.04.16(17:36)

サブちゃんの特別公演が終わり、もう行くこともないと思っていた明治座へ!
まだ明治座の会員だったので席も選べて勝手知ったる良席ゲット!
mie1.jpg
最前列は敢えて外したけど、今回はそれでも良かったみたい。。。

⇒ザ・デイサービス・ショウ2018 明治座行ってきたの続きを読む

恐怖 1961

2018.04.12(10:23)

恐怖61
このお顔はビミョーだけど、実に美しくキレイで可愛いスーザンストラスバーグ。
クリストファーリーも出るからタイトル通りに淡い期待で見てみたところ
これがフツーに面白くて拾い物。

⇒恐怖 1961の続きを読む

はぐれIGFインターナショナル旗揚げ戦 2018.4.4 その3/3

2018.04.06(14:09)

★第五試合 ▼ストリートファイト有刺鉄線ボードトルネードデスマッチ
なぜ保坂が出るんだろう?変なカードだなぁと思ってたら納得の大仁田w
P4041086.jpg P4041088.jpg

⇒はぐれIGFインターナショナル旗揚げ戦 2018.4.4 その3/3の続きを読む

はぐれIGFインターナショナル旗揚げ戦 2018.4.4 その2/3

2018.04.05(20:48)

★第四試合
●FUJITA/宮本裕向/竹田誠志 16分45秒 ファイナルカット○カズ・ハヤシ/B×Bハルク/青木真也
青木真也って名前しか知らなかったけど良いアクセントとなったというかw
まずはハルちゃんまーくんから。竹田は何気に動けてデスなしプロレスもウマいから大好き。
⇒はぐれIGFインターナショナル旗揚げ戦 2018.4.4 その2/3の続きを読む

はぐれIGFインターナショナル旗揚げ戦 2018.4.4 その1/3

2018.04.05(17:07)

一応?東京愚連隊興行ではなく、はぐれIGFインターナショナルと銘打ち
今日は前歌がなかったのに10分押しでスタート。今回も笑いまくり!

⇒はぐれIGFインターナショナル旗揚げ戦 2018.4.4 その1/3の続きを読む

ゴーストスナイパー ジェフリーディーヴァー ’14

2018.04.05(12:37)

★ゴーストスナイパー (原題:The Kill Room)
今回はライムがラボから出てバハマへ出張した冒険譚。
車椅子ごと海へ落ちてハラハラドキドキ?
しませんよ助かるの丸わかりだし。

⇒ゴーストスナイパー ジェフリーディーヴァー ’14の続きを読む

  1. 火と汐 松本清張 阿刀田高編集 '95 中央公論(04/22)
  2. レッスル1観戦記 2018.4.18 後楽園ホール (04/21)
  3. ザ・デイサービス・ショウ2018 明治座行ってきた(04/16)
  4. 恐怖 1961(04/12)
  5. はぐれIGFインターナショナル旗揚げ戦 2018.4.4 その3/3(04/06)
  6. はぐれIGFインターナショナル旗揚げ戦 2018.4.4 その2/3(04/05)
  7. はぐれIGFインターナショナル旗揚げ戦 2018.4.4 その1/3(04/05)
  8. ゴーストスナイパー ジェフリーディーヴァー ’14(04/05)
次のページ