婆さんが脳梗塞になった13

2014.08.18(00:00)

18日
ケアマネージャーと病院にて関係者含め会議と今後の方針のアウトライン
軽く済むと思ったら病院側も担当者総出でホームからも職員が来てくれて2時間も掛かった。
またホーム内の部屋にて面談して更に必要な介護用品の選択を含め契約は後日となる。

歩行器や近況からホームでの生活が高リスクという今更の認識を共有しつつ 支援センター員は
ホーム職員に対し一々確認をし補助を依頼するのだが現実的には無理なのにどうするんだろうか。
そんなにあれやれこれやれて指示されてもこちらも申し訳なく困る。あくまで自立型ホームであって
なんとか置いてもらうだけだから。

支援センターS氏♂が限度額申請の話で役所に確認を取ってくれた。何が何だかわからぬが(苦笑
するとウチは2段階ということで限度額申請書を提出すれば 多床ではないお高い個室の特養にも
安く入れるんですってよ奥さん!そんなこと知らないってばねぇ。


翌19日に連絡あり
★介護用品やサービスの個別概算
レンタル手すり天井からの2 置き型1で1100~1200円 シルバーカー3~400円
入浴補助・掃除・洗濯 週2 @680円×8回~9回  5440円~
家事のみ @280円
デイケア(リハビリ主体) 昼食と入浴 週1 @2150円×4回  8600円
デイサービス通所介護 三食と入浴 週1 @1850+α(事業所により食事代に若干の差) 約8000円

要介護度4ということで月間30000点まで使用可能。それ以上は実費 上記は1割負担の額
つまり3万点てことは=3万円(を一割負担の実費で払うということ)3万円分が控除ではない。
でそれ以上掛かる場合は満額の請求がくるので端的に言うとデイケア1回2万以上実費てこと。

現状のリハビリ病院では毎日してもらえることを今度は依頼して支払しなくてはならなくなる。
そりゃ毎日でもデイケアを利用するのはよいことなのだろうが費用面で対応できない。
当面の老人ホーム利用料に加え オムツ代も控除対象にならなく更に掛かってくる。

出さなきゃ出さないで衰えてくるから 次年度の要介護度判定には有利に働くかもしれないが
状態が悪くなればホームには居られず老健ということになる。すると更に高くなるし流浪となる。
そのタイミングがうまく回れば良いが。何をしてどこまでかなというところ。判断が付きかねる。

病院SWからも連絡ありあーじゃこーじゃレンタル品について言っているがもういいよって感じ。
現実に昨日の会合から問題点が山積なのが顕在化したためか「退院後大丈夫でしょうか?」と。
たくさんリハビリなどをした方が良いと思いますて。。。金銭的な問題もあるから困ってるわけで。
あんたたちがアバウトに考えて対応したからこその早期退院でこんなことになってるんでしょう?
一日でも長く限度まで居させてくれたらまだ良かったわけですよ。後付言われても不快なだけだ。

とりあえず鍼灸院で治療。ここ一週間ほどか左足指2本にしびれがあることからヘルニアと再認識。
舌先も数日痛い。なんだか悪いことばかりで湿布して安定剤飲んで亜鉛飲んで寝た。

19日
今日は休養日にしよとむっかりとジムでストレッチしてたらまたしても閃輝暗点が。。。(苦
いつもの立っていられないほど酷いのではなく 割と軽目にギザギザである意味助かったのだが
ゆっくり落ち着かせて車で帰宅も 役所に負担限度額の申請書出しに行かねばならないの思い出し
なんとか頑張って行く。2週間程度で自宅郵送とのこと。収入の算定方法がよく解らないまま放置で
今迄来たけど少し聞くと 遺族年金は非課税なので本人の安い老齢基礎年金が基準になるみたい。
ははぁなるほどそれで安いのかと氷解。あんまり確認して遡及で請求されちゃイヤだと黙ってたしw
帰って遅いお昼を食べたらいつの間にかソファで潰れて眠ってた。

20日
支援センターS氏に更に提示された個床の高い特養3件に連絡。まだ盆休みと見え担当者不在ばかり。
一軒はやっと夕方過ぎに連絡くれて 明日見学面談と 更にまた悪夢の作業が始まる予感。
申込済のT施設にも退院報告TELするがここも担当者不在。他はもう電話する元気がなく後日とする。
こうしてなかなかスムースに事が進まないからこそ余計にモチべも下がるし気持ちが荒んでくる。

昼頃からホームでいつもの片付け。とりあえず今日で「ゴミ」は一段落かなぁ。。。残るは整理か。
 ホントもうイヤだ

PM4 支援センターM氏とレンタル業者待ち合わせ(30分くらい遅れてきた別にいいけど)
手すりやベッド周りの考察。歩行器はおためし無料1週間とのことやとにかく安いが大前提で進行。
家具を増やして退所時の処分がイヤなのでテーブルレンタルするつもりが買った方が良いとのこと。
レンタル手すり以外にも手すり代りが欲しいから家具をむしろ置いてくれとか言われ途方に暮れる。

デイサービスに関してはリハビリ主体の所とレジャー?主体の二種類あるそうで双方とも入浴つき。
それならホーム内でヘルパー依頼の入浴は不要となる。が週一回では少ないであろうとは私も解る。
金銭的に負担増だが週二にせざるを得ないのかなぁと。それで単純家事だけヘルパーに。
ところが週二でもお風呂に入れないかもしれないなんてことがあるそうだ。意味ないじゃんね。

例えば週一リハ主体 週一レジャー主体という契約も可能ではあるそう。ただどちらも空き次第。
一週置きという契約はダメだそう。リハ月4レジャー月2にしたいんだけどなぁ。
ヘルパーも同様。デイの入浴あるなら週一は不要。10日に一度洗濯程度で十分かと思うが如何に。
オムツ代がどれ程か不明だから呑気に依頼できないのだ。計算通りには行かないだろうし難しい。

そんなこんなの会合でまたしても2時間超。神経やられるわこれ。疲れたしみじみ疲れた。
そこからケアプランはまた後日作成なのだが支援センターケアマネの契約。
重説の読み合わせするんでしょ?頼むからイイから勘弁してと極力割愛してもらう。
やられたら更に1時間近く掛かるよこんな世界の人たちじゃ。重説好きな私でも今日はダメだったw
んでヘルパーもレンタル業者もまた個別に契約を結ぶんだそうだ。今から面倒だなぁ。。。(苦
とにかく今までの部屋は全て引き上げ本日をもって明け渡し。もう帰って使いものにならんかった(死

いやオムツ助成今月までなので最後の力を振り絞って更に買いに出掛けたんだった(苦
流石にかさがあるので荷物持ち人に頼んだ(泣

21日
昨日の今日で休んでる暇もなく11時半アポの個床特養CCに面談と見学。担当E氏♀
180人待ちの定員80人 11月下旬から12月が次の判定会議だそう。施設によって違うねぇ。。。

行ったなりエレベ前にお菓子やカプ麺などが100円箱に入れてと置いてある。簡易売店ね。
これはまずい。喫茶室とかもあるこれもまずい。食事制限など聞く耳を持たない婆さんには毒。
食事も個別プレートはあるそうだがオープンキッチンで通いのおばさんがお味噌汁を作ったり
食欲のない人にスープを作ってくれたりと対応もよく見るからに美味しそうであった。

そして非常に自由度が高く 早起きの人は6時から朝食だったりするが 起きられない人には
なんとブランチですってよ(笑) 無理に全員会食ではないそうで 朝食ない人には栄養補助に
おやつを提供したりするんだそうな。挙句に安いと。本当に私が入りたい素晴らしい所だった。
こんなとこと婆さんには勿体ないのだが。。。

更にここは「看取り」をする施設だそうだ。他の特養では出されてしまう胃ろうなども入所後の
処置であるなら可能だそうだ。つまりここに入れたら次の引越しはなくなり死ぬまで居られる。
悔しいけれど私にとっても一番安まることだろうと思う。他のところが決まればここは断念。
贅沢は言えないから決まったところに入るだけ。決まって入居後にも転居てデキルのかな(課題

とにかく通常はこの見学面談を終えて再アポして申込書を入れに行かなくてはならないのだが
必要書類のコピー等持参で行ったのでその場で書いて差し入れてきた。死ぬほど助かるそれ。
そして更にまた二ヶ所申込なのだが 添付する公的意見書が現入院先のものなので退院後は
新たに作成せねばならないから なんとか今月中に動かねばならぬ。腰が立たなくても行かねば。

帰りにジムで1本とストレッチ風呂。楽しくないまったく。腰も痛い足も痺れてた2本が3本に増えた。
まるでやる気も元気もなく夜のダンスクラス辞めた。疲れたよパトラッシュどころじゃない疲れ。
酒と眠剤で寝る。本当に今日は精神的にどよどよ。自分のことも考えなくてはなぁと少しだけ思う。

婆さんが脳梗塞になった12

2014.08.13(00:00)

このところ「特養申込」の話題より部屋の片づけが主題であったなw
艱難辛苦で愚痴書かなきゃいられないし。まー私のチラ裏だから。
今回はお待ちかね?特養と介護センター折衝編が主でござるw

8月11日
今朝方4時半頃寝て8時過ぎに包括と病院から電話があったが朦朧として記憶薄。
ケアマネやプランはホームで頼んだほうが?との話と病院SWはシルバーカー等の
話だったと思う。ホームと認識の摺り合わせを再度申し入れるが 心配なら老健の
申し込みをしたらと勧められる。いやあなたがきちんとホームに言えば良いだけっす。
お金を掛けられないこと。安寧の居住は老健では無理なこと。解ってて嫌味すか?

午後1 特養CのSさんに退院日報告やら相談。
出向いた方が良いと思ったが 数日の作業で何もかも時間がなく電話にした。
前回ここと同系列の特養ではホームに戻る前に病院に面接に来るという話をすると
面接に出向くくらいだからもう入居決定項として動いているのでは?とのことだけど
私としてはおたくにお願いしたいので 選べる立場ではないがどうしましょうねと。

9月に判定委員会をするのに資料や順位が決まるのが8月末頃とのことなので
その頃にまた連絡することとなる。

明日行く予定が鍼灸予約あったので ホームから電話もあったことだし午後から行く。
ケアマネの選択の話。どこでもそちらの都合の良いところでと。あと状態の話等。
ケアマネ契約は後日また連絡くれるそう。そこから今日も今日とて片付けですよ。。。

今日はこんだけ捨ててまた床が現れてきた。もう一息?いやまだまだ終わらない(苦
 
また良くなりつつある腰が悪くなった(怒

8月12日
特養YのKさんに電話。病院に居るうちに面接来るというところにて退院日の報告から
今月は予定が埋まってるのでホームに戻ってからいずれとなった。
昨日の系列の話から聞いてみると 入所前提ではなく申込書だけでは判らないので
内容の整合性を含め 判定の前の前の作業と捉えてくださいだそうだ。ある意味安心。
特養Sは担当者不在で私も鍼灸が長引いたので連絡取れず。

8月13日
今日もホーム片付け予定が昨日の鍼灸でも改善せずどうにも腰が痛くて断念。

PM5:30 S在宅介護支援センターMさんよりTEL
ホームの関係で依頼したケアマネから面接をして支援として何が必要か話し合いながら
18日に病院面接となる。現況を少し話す。ケアマネージャーとケアプラン作成の契約を
するのでしょう?と聞くとハンコがあれば当日。なければいつでもとのこと。
こちらから言わなければ一切話して来なかったみたい。当たり前な対応なのかなぁ?
一番大事な「契約ゴト」を話さないのはこの業界では通常なのかしらね?

PM6 昨日と先ほども担当者不在だった特養Sから電話が。
数件と同じく退院日と今後の報告。ここは電話くれる前にウチのことを確認してくれたようで
順位的には「6番目です」とのこと。すごーい!150人待ちのところだった中での高順位。
でもあくまで先に5人いるということと 現況で空きなし。来年4月の介護度判定では要介護4は
もう取れなくなると思う。特養入居要件も来年度から厳しくなる。それまでに間に合うかの勝負。
ともかく少し気が楽になったかな。ぬか喜びでしかないけれど。

腰が改善してくれないと身動き取れぬ。

15日 病院支払。職員に倉庫に連れて行ってもらってオムツの種類相談。
    それから役所に寄ってオムツ助成金申請書提出。
    私の口座でも良いというがなんとなく婆さんの年金受取口座にしてみた。

婆さんが脳梗塞になった11

2014.08.09(00:52)

前回7月4日から婆さんの部屋を更にチマチマ片付けていたのだが。。。
7月9日から仙腸関節炎にてぎっくり腰のような症状で2週間動きが取れず(死
ところが部屋の不用品回収業者16日にやっと予約が取れたため死ぬ思いで行ってきた。
今こういうのってすぐに来てくれず 予約入れてやっとなのでこれを外すワケに行かず
前日にブロック注射するも劇的に改善しない中。。。
あとはこの衣類の山と魔界の押入れ&天袋にキッチン周りを残すのみだった(つづくw


7月22日
あちらの都合で日程変更された特養ホームYに見学面談。カッシワバラヨシエ風♀
かなりキツめなお方にて婆さんには最適(鬼w
私も苦手なタイプだけど むしろこういう人の方が話が早くて良いことも多い実感はある。
一目でこちらの腰の様子を判り気遣ってくれたり 一見派手な私の中身を見てくれたモヨウ。

今まで訪問した中では一番古く(現ホームよりはマシ) 居住者の方々も他に比べて
状態の悪い人が殆どで元気な要介護4の婆さんには居心地が悪そうかなと。
選ぶ立場ではないがここに決まると私的にはラクかな程度の認識。
で今日も鍼打ちに行ってジムで温冷入浴(泣

24日くらいからだいぶ腰が良くなったので鍼灸の合間に病院やら数日過ごす。
30日ホームへ荷物のチェックと打ち合わせ。
バリアフリーの部屋へのホーム内引越し。前居住者退去にて8月11日以降OKとのこと。

8月6日
ホームから電話。病院SWから連絡あり今月末に退院予定とのこと?
聞いてへんでー?なーんでホームと病院が勝手に決めるわけ?(怒
来月初言うからそのように引越しや特養&ケアマネヘルパーと段取りしてたのに。

それがらみで8月11日以降にホーム内引越しと言っていたにも関わらず今日の今日でも
OKですよと夕方電話掛けてくるのにも?部屋が空いても移すのは私やねんでー
まだ重いものとか他人様や業者に予定を作ってもらって頼まなあかんねんでー(むっかり
ミナミの帝王見ながら書いてるものだからこんな感じでえろー気ぃ悪おまっさw
その他にも退院後の生活についてエラクいい加減な無責任な対応が見えて困る。

8月7日
昨日の件を踏まえ病院に電話。「私が」退院の件を何も聞いてないし そちらが9月初の予定と
言われた通りに動いてるのに勝手に決められて困ると苦情。それは了解となる。がっ!
となると今月の全体会議を予定取れねばならないと。日程が取れないと不可解な返答。

明日8日の月1全体会議二時半予定で取ってありますよと。そこで退院日程を詰めようとの話で
この会議キャンセルにした覚えもなければ あなたにも老建の件などでまた来月話しましょと
言ったはずだと。まったくなんだこのエー加減さは。退院自体は一応9月1日予定とする。

今日の明日だもの会議予約がきちんと入っているならこの電話時に当然認識しているはずだ。
他の人が予約を入れているか とにかくウチの予約は入ってないことは明白。
確認してみますとは言いつつそれなら確認後改めてこちらに確認連絡くれと言うと大丈夫ですと。
で、結局やっぱり時間を変更してくださいと夜電話あり。企業じゃダメ対応。良かったね病院で。

そんなのと並行してホーム内引越し「第一弾」

介護ベッド設置済み。一回戦分の荷物を運んだところで写真撮ってみた&今日の最終場面

今迄より広いしとにかく「ゴミ」がないのでキレイだし自分の引越しのようにちょいと嬉しくなる。
がっ!それはまやかし。大きな勘違い。。。進むにつれ嬉しいどころか怒りが沸いてくる通常運行。
台車を借りたが今回は病院の配膳に使うような3段あるステンの大型だったのでかなり助かる。
フツーの台車だったら今日の作業は3日くらい掛かっていただろうと思う。

ガラクタは殆ど処分したのだが この大量の衣類やらまた分別して整理しなくてはならぬ。
ちょうど明日が布ゴミの日なのでやっつけたかったが既に6時。もう無理パトラッシュ。。。
今日もまた無責任な会話が多く カラダも気持ちもグタグタで帰る。

8月8日
身体中痛くて起き上がれず何も出来ないまま病院会議と洗濯に。

ホーム談話から ちょっと病院内を歩いている様子とSWの「だいぶ改善しました」の認識が
甘すぎるのを理解。依然としてトイレがうまく出来ないことや歩行には必ずリスクが伴う話。
ここでもSWが無責任に良い状況「だけ」をホームに申告している。再度正しく連絡するとは
言っていたが こういうことは特養での調査に於いても障害が出るのではないだろうか。
それ含め行き場がなくなったら責任を誰も取らないのに安易な文言は慎んでもらいたい旨。

どうせ本人も少し歩ければ言うこと聞かず外に出るは自明。
歩行には必ずリスク(要介助)ということは 外出禁止と同義ということでしょう?
昨日も外出禁止の話に協力してくれと言うと自立型だから外に出るのを止められないと。
ホーム側の対応は数年お世話になっていてアレだが 都合が悪くなると無責任なのだ。
これを責任は問わないから医師から禁忌事項として本人に知らしめてくれと依頼だけはする。

実際本人は今朝すごく派手な失禁をやらかしたそう。ホームではトイレ誘導もシマツもしない。
ヘルパーも常時つけられるわけではない。さーてどうしてくれるやらね(怒
粗相したシーツも自分で換えられない人間を「元気で介助の心配もない」言えるのかね。
だからこそいい加減な対応では困るのだ。半官半民というだけではなくダメだやっぱり。

8月9日
日曜あたり人を頼んで更に引越作業の予定。これ以上腰悪くしたくないよう。と思いつつ
呑気にしてたら終わりそうにない危機感が膨れ上がってしまい不眠症の私が更に眠れなくなり
土曜は休みかなと朝8:35にやってた包括センターに退院日とケアプランのホーム連携相談と
何か忘れた用があって病院SW(こちらは土日休み)に電話してからホームに向かう。
いずれにせよ月曜にアクションとのこと。

今日はこんだけ捨てたが。。。帰りはこの状態でまだまだ一向に先が見えない。
 

こないだの歯磨き粉に加え タオルは大小合わせて100枚以上。わらわらと湧いてくる。
こんなものまで

翌日日曜は人を頼んで残った大きい家具一つとこたつを搬出。まだまだまだまだ。

婆さんが脳梗塞になった10

2014.07.04(00:00)


リハビリ病院退院後に老人ホーム自室に介護ベッドを入れるべく
先月の17日に2回目の片付けをして以来 なんとかまだ涼しいうちにと
暇を作っては相変わらずゴミの山を片付ける作業を数日していた。
f:id:kazsp:20140707135154j:image:w360 3回目A
f:id:kazsp:20140707135150j:image:w360 3回目B
f:id:kazsp:20140707135148j:image:w360 3回目5時間後
なぜあまり変化がないかというと分別作業が物凄いから。
バッグや引き出しをあけるたび何かしら「ゴミ」が入っていたり
筆舌に尽くせぬとはこのことだというとんでもない仕分け。
何かを持つたびにバンバンと埃を払うことも必須で手間が掛かる。
f:id:kazsp:20140707135146j:image:w360 4回目
f:id:kazsp:20140707135144j:image:w360 4回目4時間後
f:id:kazsp:20140707135141j:image:w360 5回目
f:id:kazsp:20140707135139j:image:w360 5回目のゴミ
その前4回は当然ながら更に多かった
f:id:kazsp:20140707135137j:image:w360 6回目
まだ画像右側の見えない部分が衣類の山と魔窟な押入れ残し。
これ以上どうしろと。どうにかするんだけど。

f:id:kazsp:20140707144942j:image:w360
部屋のありとあらゆるところ←(ここポイント テストに出るよw)
から歯磨き粉が出てきた。
全部で30本超。歯磨き粉に限らず一事が万事ハサミやコードなどなど。
来たときはすべて一つづつしかなかったのに。狂ってる。
ゴミとは別に 納涼募集でこの箱に3つ分くらいは色々なものを寄付してきた。

たかが6畳間
これと同じことを建坪64坪の実家でやられたんだからたまったもんじゃない。
流石に業者も入れたが殆ど一人で何日も頑張った苦い思い出。
地獄の日々ふたたびで気持ちは悪くなるし喘息が少し出た。
もうこの画像見てるだけでヒューヒューゼーゼーしてくるくらい。

これが死んだ後なら全部捨てるなり業者入れるなり処分はしやすいけど
なまじまだ使うものやら とにかく分別が滅茶苦茶で気が狂いそう。
もうイヤだよパトラッシュ。。。

7月2日
朝一病院からホームに一泊外泊。
当日も朝から晩まで部屋の片付けと洗濯を数回。

その合間にホーム側から申し出があり 8月頃に出る人がいるので
介護ベッド設置済で段差のない広い部屋に移りませんかとのこと。
なんてラッキーな話がヤツにはついてまわっているのだろうか。

お願いしたいが部屋が広いとなるとまたしても荷物を増やすのは自明。
小遣いを渡さないとか方法を考えるが人からガラクタを貰ってくるバカ。
既存の大片付大会の持ち物処分を正当化するためにも断るが説得されて
ありがたく受けることとする。次は部屋の引越しか更に作業が増える。

私の食事は出ないのでお昼は外食ついでにワンピース1枚買ってストレス発散。
夜はシャワーだけ借りてスーパーの惣菜とビール持ち込んでストレス発散。
殆ど眠れず朝まで苛々しっぱなし。

転ぶ危険性が強いため要介助とのことだが伝い歩きでトイレには行ける。
自分で処理はさせたが一人でパット交換などウマクは出来ないモヨウ。
ホームでは夜間は勿論のこと職員が手伝ってくれるわけではないから
その辺をどうするかである。
とりあえず今日はゲストルームを借りられたので助かったのではあるが
普通のベッドで自力で起き上がることは出来ず。手すりがあってもダメだけど。

3日病院送り一息つくが 4日にまた病院で月一の全体会議。
9月初旬の退院に向けてリハビリを調整していくこととなる。
最悪は特養に入れない場合の老健も視野にとの話も出て そちらはまだ
詳しくないので聞いてみると これもあちこち調べたり行って申し込みをしたり
ややこしい手続きがあるそうだ。もう無理パトラッシュ


婆さんが脳梗塞になった9 特養申込編2

2014.06.18(00:00)


9日から動き出すも簡単に申し込みが出来ず一つも動けないまま一週間。
病院に書いてもらう意見書を催促してやっと17日に出来上がる。
依頼翌日にも出来る雰囲気だったのに催促しなきゃまだまだだったぽい。

仕方がないので17日は病院に行ったあとホームの個室片付け。
いずれにせよ出ることを念頭に 一時戻るにしてもレンタルベッドや介護用品の
置き場を作るためにゴミ部屋を片付けねばならぬ。

前回も2時間ではとても話にならず 今回は3時間なんとか頑張る。
燃えないゴミ5袋 燃えるゴミ2袋 雑誌類紙ごみ5体 プラゴミ1袋。。。
これで2割くらい(怒  途方に暮れるほど捗らない。
実家の片付けの苦労が思い出されもう怒りMAXで帰ってきた。
この苦行がいつ終わるやらと思うと更に怒りが増す。

11日
書類作成して、隣接地の新規も行こうと思えど先方の都合がつかず明日に。
まったくこういった問題でなかなかスムースに進んでいかない。ガッデム。
隣接地は基本的に居住地の方を優先なので どこに問合わせをしても適当に
郵送してくださいと言うところばかり。ダメでも直接出向いて危機感を表象したりする方が
良いのかなぁとは思うが それもどうなんだろうと逡巡する。

とにかく居住地の3軒に出向き申込書提出。これでやっとスタートライン。
このうち一軒は見学説明をしていないので行く前に連絡するも担当者不在。
そして今混んでて7月29日以降でなければ見学説明が空いてないと言う。はぁ?
1ヵ月以上先っていくらなんでもそんな事ない思うがそう言うんだから仕方がない。
先方のそれでアポ取り、待っているだけは良くないと判断し申込書だけは入れてきた。

病院から電話。ホーム一時外泊の際の私を含めた作業の練習をするとのこと。
20日に決定。考えてもいなかった。触られるのもイヤなのに。。。困惑。

19日
隣接地の特養A申込提出ながら面談。定員100人中 当地区は30人割当。
きちんと話せ面談としては良い話が出来たと思う。10万/月くらい。ビミョー。

その足で近い施設があるのでアポなしで行ってみたらウマイこと見学面談出来た。
タイミングが良かっただけだが これぐらいの調子の方が良いのかもしれない。
こちらは定員80人中 当地区分20人の割当。7~8万その他で9万/月くらい。
ここは個室は別料金。入所の為の審査は3ヶ月に一度だそう。今回は7月で判定は8月だそう。
まぁ次回から。担当してくれた人が施設T茨城の人ぽかったw

残り主要なところはあと2軒。
施設によって様々な為 更に検索や問合わせをしつつ もう少し範囲を広げる。
どんどん気持ちが荒んでくるが やらない訳に行かず自分のHPが削られていく。

20日
外泊時に私が介護をしなくてはならないので実地訓練に。
長袖と手袋を持参で行ったw そのわけを一応看護士にも話しておく。
車椅子からベッド&車の乗り降りの練習など。
歩行動作の介助はたいしたことはなく一安心なのだが なによりもトイレ。
朝10時から翌朝10時までオムツつけっぱダメですかね?勿論ダメw

ともかく当日までには自分でパット交換出来るようなリハを重点的にしてもらうよう
話し合うが多分無理そうかな。。。大丈夫か私。。。好転を祈るしかない。


↓ここから関係ない話
Y施設 前回行った時カーナビ頼りに行ったら敷地手前で通行止め(泣
なので別ルートの行き方を聞いたのに辿りつけない。あの辺りはいつも迷うが。
まったく女の人の説明はダメだなとぐるぐるイライラ回っていると自転車婆さんが。

細い道なのでお先にどうぞと行かせようとしたが思いついて聞いてみることに。
そこを左→右→右と言う。そんなバカな甲州街道出るじゃんそれ。
ところが出るわけない(フフン)と言うシマツ。もうこの時点でメラメラしてたw
やっぱり道を聞くのに婆さんはダメだ(極論だが)マトモに答えられる人は稀すぎる。
もういいや車止めてるから早く通ってくれとばかりにしていたら横に来て何か言う。

「普通聞くときは車から降りて聞くわよね」 ブチッ 

すれ違いの出来ない道にて 流石に窓開けて聞くのは悪いとドアから半身だけは出して聞いたのに。
それでは足りませんか。
その時点では普通に優しい気持で自転車フラフラ危ないから延々待ってたのに。

「ありがとうございましたっ!」と大きな声で朗らかに。そして窓を閉めた途端
こぉぉぉぉんのクソババー!と2回叫んだ。あぁ叫んだともさ(苦笑

そして案の定ヤツが言った道は嘘。当たり前に甲州街道だ。
そこからカーナビに再度頼るも遠回りの道を指定してるの判ってるんでムカムカ。
んもう あのババア死ねばいいのにって3回叫びました。あー腸煮えたわー。
私がジョジョだったらブチ殺されてるねあのババア。ジョジョ知らないけどそう思うw

っと介護に関係ない愚痴の巻w ただでさえ苛々募ってるので吐きださにゃおられんかった。

あと包括センターにも寄って少し話してきた。わざと。
しかし対応はのんびりだなぁ。気が短い私はどんどんストレスが溜まるばかり也。


脳梗塞~特養大作戦

  1. 婆さんが脳梗塞になった13(08/18)
  2. 婆さんが脳梗塞になった12(08/13)
  3. 婆さんが脳梗塞になった11(08/09)
  4. 婆さんが脳梗塞になった10(07/04)
  5. 婆さんが脳梗塞になった9 特養申込編2(06/18)
前のページ 次のページ