FC2ブログ

バート・レイノルズ逝去

2018.09.09(15:04)

burt.jpg
まぁ82歳だから大往生ではあるのだが、時折体調が悪いような報道は
見聞きしていた。あぁバンディット。。。
旧HDDにバンディットやJJ入れっぱなしなので100回目でも見るかと。

別に日本のプログラムピクチャー的な意味合いではなく、昔の洋画は
まとめ買い付けの余波から、必ず2本立てで、ニューヨーク1997など
とんでもない良作が紛れ込んでることがあるので侮れなかった。
アーネストボーグナインの山火事のなんかも最早日本では見れないし。
バートの映画もメインではなく併映で田舎に回ってくることがよくあった。
記憶にないけどキャットダンシングってたぶん見てる。

当時のアメリカを体現していたし、アメリカ人の癖に粋でカッコ良かった。
カッコつけてるんじゃなくてカッコイイ人だった。
高度成長期のアメリカのアイコンである「金髪でパイオツカイデーノチャンネー」と
カーチェイスもさることながら、楽しくて面白おかしいくてカッコイイ。
それがバートだった。

何故か万人に好評なロンゲストヤードを私はあまり好きではなかったが
大人になった今見てみると良いのかもしれない。
脱出と白熱は何十年ぶりかで見てみたいなぁ。。。

あんなに売れてたのにいつの間にか出なくなって寂しかったけれど
あの若い頃のバートのままで目に焼き付いているのはある意味嬉しい。

70年代の英仏組はショーンコネリーとアランドロン 中国ブルースリー
そしてアメリカ組は間違いなくバートとブロンソンだった。
悲しまず楽しく追悼しようと思う。R.I.P
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kazsp96.blog.fc2.com/tb.php/3659-6788f58c