FC2ブログ

ユーチューバ―船木誠勝について思う

2018.08.31(11:12)

なんとなく見始めたら面白いのなんのって!
胃痛の不眠ついでに明け方まで見ても穏やかな語り口で苦痛ではなかった。

1話が約10~20分程度のものを何十本と配信している。
一話毎にテーマを決めて、全て自分でその日のプロットを組み立てて
まったく淀みなく話していて感心する。
目線もあまり動いていないのでメモ書きチラ見程度かな?
話の継ぎ目に「なので」がクセみたいで、私と同じだなと思ったり。

この人試合のマイクが上手かった記憶はないんだけど、役者としての勉強が
ここにきて役に立ったのかなと思う。なかなかこんな尺は喋れないよ。
なんせU系には疎いので、今年の読書効果から船木の話で理解力が高まる。
有田と週プロも面白いが、船木はまさに目の前の経験談だからね。

色々聞いていると、人柄のいい気立ての良い人だなと感じるのだが
昔のしごきや、健介以前に長谷川事件が頭にチラつきコンフリクト。
上の人には可愛がられ(なんせ入門時が年下の子供だったわけで)懐きもしたが
後輩などは虫けらのように考えていたのじゃないのかなぁ。。。
本性はすべて全日時代の永田戦に集約されてると個人的には思う。
あのガチっぷりも「プロレス」かもしれないが、容赦なくて面白かったからねぇ。。。

紆余曲折を経て武藤全日に入ってからは毎月見ていたわけで。
お世辞にもプロレス上手いと思わずいたが、辞める少し前からその後フリーで
時折見るたびに劇的に上手くなったなぁと思うことが増えた。

それは黒潮イケメン二郎効果ではないかと感じる。
人とも思わない全く知らないインディの新人イケメン二郎のプロレスにどこかで
触発されて船木の中で変化があったのではないだろうか。
ムト全時代において若手たちに関節は教える場面があったかもしれないが、
しごきなど今や時代じゃないので、したくとも出来ない状態だったにしても、
あれだけイケメンを可愛がる船木も異常ながら、船木にあれだけ懐くイケメンも異常w
それが互いに融合しうまく昇華したのじゃないかと勝手に感じられてならないのだ。

そんなことで船木の二面性はまだ自分の中で融合できていないがw
組長や前田との邂逅や、はっきりとは言わないが「プロレス」をぶっちゃけている。
ロープワークで橋本の蹴りが徐々に上に上がって目や顔をやられるのが嫌だったので
肘でカバーしたら、橋本に肘はやめろと言われて、なら顔はやめてくれと言ったなど
なかなか笑えるのである。

あとパンクラス設立からゴッチのサジェストで外人と蹴り出すなレスリングやれ言われ
しかし興行的にそういうわけにはいかないと、プロレスを否定したりするのも真かな。

彼は総格に進んだ以上、プロレスが嫌だったのだろうけど、最早50代を目前にして
もうその道は厳しいだろうし、大阪で安定しつつある生活も抱えている。
ここ数年で今更ながらも「プロレス」に迎合できて、楽しめるようになったのじゃないかなと。
元気なうちにどこかでイケメン7番勝負最終戦を見たいのは私だけではないはずだ。

みなさんチャンネル登録してあげましょう!w

いろいろ実名が出てくるのも面白いが、厳しかった先輩の名前は出さないのがもどかしい。
無断外出を寮の前で待ち伏せして2千回スクワットさせたのは山田かなw
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kazsp96.blog.fc2.com/tb.php/3652-5d90292d