FC2ブログ

告白 平成プロレス10大事件最後の真実 ’18 宝島社

2018.07.01(13:51)


図書館リクエスト出したが我が自治体では買ってもらえずwww
他自治体へのオファーが実り、都立図書館からやってきた!
表紙カバーの前後にこういう煽情的な話がニクイねこの~w
kokyhaku4.jpg

「はじめに」で何年ぶりかでターザンの手を読んだ。
ターザンにしては何やらしっぽりとした良い文章を書いてくれたなぁ。。。

kokuhaku2.jpg kokuhaku3.jpg
内容としては今までプロレス本をあれこれ読んでいれば今更な話ばかりではあるが
プロレス好きとしては、何度読んでも再学習という話なので復習に最適ですw
最近UWFの本も読んでいたので、今回の対談は面白かった。安ちゃん無敵やん!
ヤクザ顔を持つ男:宮戸さんが引いてるのもイイし、鈴木健が元気そうなのも嬉しい。

橋本元嫁の話は要らなかったかなぁ(これも読んでるしねぇ)
冬木元嫁が結婚詐欺で逮捕って一文はどうしても入れたかったんだろうね宝島w
水道橋も要らないかなぁ イベントトークはイラつくけど文章は読めるなと再認はしたが。
ケロの話はなんだか話半分以下でいいかなと思ったりw

ところどころで関西弁のK選手がすごんだ話とかS選手が棚橋批判とか笑える。
しかし私の記憶違いだが新闘魂三銃士って健三が入ってた意識が強いなぁ。
当時の真輔は猪木の肝いりで総格ロス道場ってイメージが強すぎるせいだと思う。
健三の存在がなかったようにされてるのは「明るい未来が見えません」からかね?w

それなり読み応えのある本著。読めば読むほど面白いなー。
断捨離のため図書館頼みの数年だが、やはり高橋本が一番だな。
ハードカバーも文庫もどうにも処分できずに未だに保存しているのが答え。

※都立図書館はカバーが本に全部固定されてないので中裏表紙が見れた。
kokuhaku5.jpg
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kazsp96.blog.fc2.com/tb.php/3627-7805d25b