FC2ブログ

鼓室形成術の覚書

2018.06.08(20:23)

おまけに耳小骨再建も。そして広範囲に渡って不純物の除去。
mimi4.jpg

全身麻酔時に自発呼吸が出来ないので、喉から金属の装具と呼吸パイプを強制的に
入れられるために気管がダメージを受けたと見えて、声が出ない。
用件があって電話をした先に「何を言ってるかわかりません」と言われるトホホぶり。
tenru.jpg
あちこちに連絡しながらネタがてら「天龍源一郎してるのよ」と言うと100%理解される。
スゲーな プロレス界には言うに及ばず、一般社会でも天龍のネームバリューw

そもそも今回は古傷?の喘息を引っ張り出されたために呼吸器の改善が一つのネック。
今までも大きな手術はやってきたが、全麻での自発呼吸が出来ないリスクは怖かった。
スケジュール的にはこんな感じ↓
mimi5.jpg
首から下は元気ではあるが、やはり麻酔の余波や、うっすらある傷の痛み・頭痛など
抗生剤を入れながら大人しく回復を待つよりなかったが、軽快っちゃ軽快。

退院の朝一で抜糸。それまで詰まっていた綿なども除去。
毎日、入口手前の綿球は交換していたが血や浸出液が見られた。
退院後もやはりまだ耳から血が出ている。
鼓膜に耳裏組織を移植して塞いだわけだから、内側から出てるとは考えられず
中耳内にも切り傷あるのかな?
暫くしたら落ち着くようだけど、まだバイキンなど油断は禁物かな。

流石にまだ術後間もないので、少しの痛みと耳鳴りは残っている。
これもいずれ改善されるといいなぁ。

それにつけても毎朝6時という私にとっては真夜中に起こされるという地獄w
消灯9時もアレだけど、そのあとてっぺんまでPCやってても怒られないことを
退院前日に気付いたのは不覚であったな(ぉぃ

診療明細と一番下に術後の傷グロ画像あり注意
mimi1.jpg
mimi2.jpg
mimi3.jpg

抜糸前 耳下の内出血はお約束なんだそーな。
mimi6.jpg
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kazsp96.blog.fc2.com/tb.php/3613-43b2eb5b