FC2ブログ

レッスル1観戦記 2018.5.06 後楽園ホール VOL3

2018.05.06(23:08)

★第6試合
NOSAWA論外○MAZADA/FUJITA 15分36秒 正田落とし ●アレハンドロ/アンディ・ウー/エル・イホ・デル・パンテーラ

今日はね、いつも愚連隊(正田)にテープを投げる女の子を手伝いたいなぁと
声掛けて何十年ぶりかで携わるw こんなに丁寧にたーくさん作ってくれてるの。
我こそも!という方は機会があったらお手伝いしてあげてくださいねー<(_ _)>
P5060001.jpg P5060218.jpg
わーいパンテーラ!大好きー!正田とパンテーラの絡みがもうたまらんかった。
P5060224.jpg P5060227.jpg
とにかく貼るw 飛び方・高さ・指の形どれをとってもスバラチー!
P5060228.jpg P5060229.jpg
楽しそうにリング下に逃げた正田に三角ぽく逆にくるりんと落としていく
P5060230.jpg P5060233.jpg
ミノルの手が泣ける。。。いろいろあるけど。。。ジョバーとして対戦相手としてこんなに
信頼のおける選手はいないくらいホント一級品のレスラーになったね。。。
P5060245.jpg P5060250.jpg
サーフボードに行かず後ろから両手を持ってヒラヒラさせてたw
そして正田お得意の指攻めw
P5060257.jpg P5060271.jpg
もーこの飛び方たまらん(くぅっ! そしてトップから更に高い!
P5060273.jpg P5060274.jpg
パンテーラをアシストしてみんな飛ぶ
P5060278.jpg P5060279.jpg
ずっとやられてたアレだけど 更に更にやられる(でも優しいw
P5060285.jpg P5060287.jpg
論外シャイニング~トップからミノルが飛ぶ~正田落としで完全勝利!

愚連隊とパンテーラときたら面白いに決まってる!
アレハンドロがやられるのは丸わかりの展開ながらも、今日は怖い野澤の教育的指導が
見ていて非常に心地よかったです。彼らの前でルチャムーヴをするというのはそういうことです。
そうは言ってもねぇ。。。土方と同じく彼らはやはりプロであるからして。。。

トップからの合体ボムなんかでも論外がちゃんと支えてあげてたり、実はソフトタッチだったりと
見ているとわかっちゃうのがね。。。アンディも酷い間の下手くそなハンドスプリングしてたなぁ。。。
とにかく愚連隊vsパンテラ様だけ見とけ!という試合。アンディ最近光ってないね。。。藤村はメヒコに戻ったら?


★第7試合 タッグチャンピオンシップ
芦野祥太郎○熊嵐 24分44秒 ダイビングセントーン 征矢学●AKIRA

熊ゴロー改め熊嵐だそうです。6日20:45分現在まだ公式のリザルトには名変してないけどw
さて前回の危惧が文字通り。。。というには早過ぎ。今日はもう一度勝たせてくれると思ってた。
AKIRAのギャラ払えない?払いたくないわけ?たいして高くないだろうにさ。ブチ切れそうだわー。

勝たせて負傷理由にタッグベルト返上だって良かったじゃないか。。。
また学の行く先が不透明だし、更に停滞したときにもうAKIRAを頼れないってことだよ?
次は大森さん連れてくるんだろうな?それなら納得。葛西でもいいぞ。
そんなこんなで先日また論外と食事してたのかー。。。と今にしてみると。。。ね。

最初は交互に入り乱れて軽快な攻防が続く
熊のヒール全開は良いんだけど顔じゃないのがまだ正直なところ。暴れ出して
外に落としたAKIRAにエプロンからセントーン
P5060311.jpg P5060316.jpg
暫し乱闘が続き岩石が腰に変なテーピングしてAKIRAを上げる。伏線か。。。
当然のようにベアハッグなど腰や腹への攻撃が執拗に続いていく
P5060321.jpg P5060330.jpg
なんとか芦野にドロキでリカバリー 学がまとめてくたばれ攻撃でアシスト
P5060333.jpg P5060342.jpg
熊と持ち上げ合戦は学が制し、熊のアイアンクローもなんとか盛り返しヘッドバッド!
P5060351.jpg P5060353.jpg
この画像見ると熊って頭デカイねー 学が小さいのかな一回り違うんでビックリ
暫く二人でラリート合戦もダブルで倒れ、芦野とAKIRAの攻防で芦野に腕極めに入ったり
P5060356.jpg P5060368.jpg
ジャーマンやドラゴンなどAKIRAの必死の攻めから合体技へ
ここで芦野が攻勢に転じ、熊も入ってアルゼンチンとアンクルの競演に
P5060381.jpg P5060386.jpg
学の反撃からAKIRAのムササビへと勝利コースもアンファンがレフリーを妨害し排除
P5060392.jpg P5060395.jpg
その間に反則攻撃でレフリーが戻ったときには熊が踏みつけピンフォールという
不透明決着に終わりタッグベルトはわずか一場所で移動となった。

結局芦野主体で回していくよりシリアス展開ができないのだな。
イケメンをずっとお笑いチャンピョンで賞味期限を切らせるわけにはいかない。
ホントにマトモにゲスト呼ばなくちゃどーすんの?明るい未来が見えません。。。

そして。。。
アンファン内部イジメの構図で立花が切られるのは既定路線ではあったのだが
なぜここでドランクがマスク脱ぐ?バカなの?ホン書いてるヤツ何考えてんの?
散々アンディとマスク剥ぎ抗争やってたのに、マスクコントラで金にしないって。。。
ベタでもそれをやるべきだったと思うよ。それで一話できるじゃんね。呆れる。

なんかもうすごく後味悪い。楽しかったんだよそれでも。でも後味悪い。バカ過ぎて。
選手は選手で自分たちの出来る範囲で頑張ってるとは思うんだよね。
使う方がホントにポンコツだと今日はしみじみ情けなくなってしまった。


→→→VOL1
→→→VOL2
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kazsp96.blog.fc2.com/tb.php/3607-10104a3f