閑話休題 筋肉少女帯について

2017.10.04(03:49)

このところ他人様の在庫のCD「UFOと恋人」を死ぬほど聞いている
散々洋楽聞いてきた人生だけれど原点回帰か?原点て何さなんだけど

そもそもオーケンのキャラが好みではあるMTVの趨勢時代に高木ブーを聞いた。
あれがもうたまらんのよHRHM好きには。しかもあれはプログレなんですな。
まだ実家でOLやってた頃だったと思うけど茶の間に置いたビデオデッキで録画したアレ
テープが擦り切れるほど見ていた。ウチのババ―も100回くらい見てたw

だからって今ね気持ちよく聞いてはいるんだけど歌詞が鬱陶しくて仕方がない。
まぁそもそも乱歩や太宰なんか好きな私みたいな層に筋少はクリーンヒットだったんだろうけれど
基本洋楽だからたいして聞いてはいなかった私。若いころきちんと聞いてたらもっとハマっていたかも。

音は本当に素晴らしい。もうたまんなく素晴らしい。橘高っってのが良いのかなともかく素晴らしい。
私はギターが好きなんだと改めて思わせてくれる筋少。オーケンの色は判るし地味にこの人はウマい。
ボイトレやってたようなイメージがないけれど時折の急激な変声が凄く声出てる。流石にプロ。

全編英語バージョンで作り直してくれないかなオーケン。楽曲は素晴らしいチビルホド素晴らしい。
褒めてはいるけど唄い方のあざとい部分やコミックソング的な運びにモニョってしまうから。
今日はなんか帰宅後仕事があって寝るわけにもいかず荷造りしながらニコでたーくさん聞いた。

そして。ダメ人間を聞いた。いま見て当時のPVも見た記憶が蘇った。

ニコで好評ではあったしそれ以上に、良いメロディラインで気持ちの良い曲だった。

だけど。

聞いてるこの人たち太宰の人間失格を読んでないんじゃないかなとは思う。
読んでる人も勿論いらっしゃるでしょうが。
人間失格太宰治ってワードだけで人間失格ダメ人間て思われちゃかなわんなと
何か歳取ったババアの私は思ったのだ。

私らみたいな精神の弱い奴は太宰や漱石がバイブルだったわけで。
しかも人間失格はたいして失格してなかったりする話なわけで。
あぁもう安吾の堕落論を読んでも更生しないような人間が鬱病にでもなって
自死しればいいよと思ったり。


本くらい読めよ。ってドクズは本なんか読まないか。

しっかしオーケンの痛々しい歌詞があの素晴らしいギター連中の技術と相まって
もぅね たまらん こんなに気落ちよがる自分が珍しいっす。マジでギターたまらん。
ロックなんか犬が喰えって けだし名言。
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kazsp96.blog.fc2.com/tb.php/3540-8095fca5