グラスホッパー

2017.06.25(16:07)

珍しく見ようと思う近代の邦画。斗真くん好きだし。
虫嫌いだけどグラスホッパーってタイトル自体の伏線がどう絡むの?と。
一応ちゃんと説明して回収してくれてヤレヤレ。
まったくタイトルが生かされてるとは思えないけれどw

PG12の通り最初から結構な飛ばしっぷりで気にいった。
実は最初は「みっちゃん」の顔見て こりゃダメかとは思った。
これまた久し振りに全部見た つい先週終わったばかりのドラマ
「あなたのことはそれほど」にて波瑠のクズっぷりを見ていたおかげで
最初の「そのシーン」で溜飲が下がる下がるw よって最後まで見られた。
「あなそれ」でムカムカした人は最初だけでも見るといいよコレ。
あくまで交通事故の被害者を貶めるつもりではなく「みっちゃん」を貶めたくw

展開としては読みやすいけどスピード感がちょうど飽きさせない程度だし
ニャンコ先生は可愛いし いろいろ好みなセットだし まぁ満足。

山田くんの最初のアクションシーンが 流暢な殺陣を見ているようでグッときた。
エンドクレジットの山崎ハコにもびっくり!どこに出てた?占い師かなたぶん。
麻生久美子も久しぶりに見たけどキレイさに嫌味がない良い女優だなぁ。

蓮司は相変わらずの演技で 特に今回も楽な仕事だなぁと思った。
やろうと思えば一日で撮了できるくらいじゃないのコレw
菜々緒も吉岡も好きじゃないけど こういう役柄はバッチリだ。
役者の宇崎も見れて良い雰囲気だったし。留めが浅野忠信で一安心。

原作はゴールデンスランバーの人だったのね。
あれ映画は四朗さんの良さだけがココロに残りニヤケ顔が苦行だったが
なんとか見た。原作の方はたしか読了諦めたんじゃなかったっけ。
こっちは読んでみたいなと そのうち借りてきてみよう。

角川なのに松竹配給?と不思議に思いつつメディアミックスてアレなのね。
角川単体としてはもう映画を製作するリキがないのかななどとフト思う。
まぁこれ再放送録画して撮っておこうかなと思うほど我ながら珍しく惹かれたよっと。
何かしながら見るにはちょうど良い。いろんな既視感があるけれど。
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kazsp96.blog.fc2.com/tb.php/3499-3eb47059