築地本願寺から隅田川クルーズへ1

2017.06.12(17:30)

1、築地本願寺~築地場外市場編
遊覧船に乗りたくてツアーに一人参加



築地は呑み食いに忙しいばかりで本願寺は横目でスルーしてきてた。
能動的に調べるほどの興味はないし 敢えてインターネッツで調べても
出てこない内容をお話くださるガイドツアーありがたし。

通るたびにスゴイ建物だなぁとは思ってきたけれど。。。
hongan.jpg
日本近代建築の祖ジョサイアコンドルの系譜を継ぐ 日本で初めて建築家を
名乗った伊藤忠太という人の設計によるもので 仏教はインド「だから」と
あちらの様式で建築したのだそう。(建築という概念以前は大工さん)
震災や戦争も踏まえて鉄筋コンクリート石張り。
rion.jpg
建物に入る階段下。狛犬と間違えてる人ネットにもたくさんいたりするが
これは羽のあるライオン。三越のライオンと違って尻尾がくるりんとしてるのは
蓮を模しているのだそうな。仏教だから。
P6100678.jpg
本堂の入口にはステンドグラスがあり 中に入ると巨大なパイプオルガンが!
時々コンサートもするんだって。いやはやそりゃいつか絶対行ってみたい。
P6100680.jpg
本堂

ライオンの他にも伊藤忠太の趣味というか意匠で 院内のあちらこちらに
動物の石像や木造などがたくさんあるのも面白く可愛らしい。
kuja.jpg
これまたネットに間違い多いけど鳩ではなく孔雀だそうな。
象や壁上のお猿など見て回るのも楽しい。もっとゆっくり堪能したかった。
P6100681.jpg
これも獅子だろうか 口から階段の手摺が伸びていて迫力ある。

伊藤忠太の師匠筋にあたるジョサイアコンドルの日本で初めての作品は
浜離宮方面に向かって場内市場手前の道向こう。
今は公園になっているところに訓盲院というのを建ったそうな。

そこからお昼ご飯がてら築地市場の散策。
テリー伊藤んちの出汁巻き試食がついているツアー。
いつも一人じゃ食べきれないから買った事ないけど流石に美味しかった。
そこから駆け足で(ツアーじゃ仕方ないね買い物もできない)昼食お寿司に。
つづく
→その2
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kazsp96.blog.fc2.com/tb.php/3489-64fa0d80