シャッターアイランド デニスルヘイン '03

2017.05.19(15:38)

ミスティックリバーに続き映画化となった本作。
今回は途中まで読んで映画を見てから後半を読むという
中途半端な新機軸を打ち出してみた。いわゆる当社比
DSCN0338.jpg
あとがきから読むと、未読の人はこれ以上読まずに初めから読めと注意書きw
プロローグはさておき、お話は1931年に11歳の主人公の描写から始まるので
戦争体験者な保安官ということも含めて1954年と古~いお話。

これがシャッターアイランドという精神異常犯罪者が収容されている病院島へ
行方不明者の捜索という名目がてら 妻を殺害した犯人にリベンジに行く話。

あちこちに命が通う描写や伏線があり読んでいて楽しい。
何よりチャックオールの人柄に血が通い(事実通っているわけなのだけど)
どこかで主人公テディは彼の共感性を羨んでいたりする。

そこに精神病者たちとのセッションや軍内での経験からの暗号解読w
(これがワクワクする一つなのだが結果は稚拙でアナグラムかーと
それなりに読書好きな人にはすぐ判る。映画版の暗号はダメダメ)
そして懐かしいロボトミーなんて概念も久々目にできて面白い。
そんなこんなで陰謀が渦巻いているんですよ病院の中でw

そして面白くなってきたところで一旦本を閉じ映画に。
気合が入ってきたところだっただけに もう信じらんなーい。
なんじゃごりゃー。。。私は素直に邪気なく読んでいたのですwww

視聴後アンニュイな気分ながら ある意味で本は裏切らないわ!と読了。
後半からあちこち出てくる綻びや違和感がページと共に頭に響いてくる。
響いてくる前に映画を見てしまったのは失敗だったなと今回ばかりは煮え湯w
結末は判ってもやはり読みあげることで楽しく正しく快に導かれた。
456ページだったので割と軽く読むことが出来た。

壮大なる組織ぐるみの実験である。それがまずアリエナイ。が。
陰謀論も空想の産物とは言え 現実には双方とも「アイスピック」描写あり
本には確実に外科手術を上げ、回避するかしないかの攻防となる。
このラストのテディとコーリー&シーハンとのセッションや名前のない院長に
対する医師二人の攻防など これがないと深みがないよなぁと思う。

灯台での銃撃はリアルながら 映画版では採用されなかったんだろうね。
色々スコセッシにしてはなぁ。。。という感じだった。
映画版ラストは原作とはちょっぴり違う。
ディカプリオを「善玉」として終わらせたかったんだろうと思われ。。。


そして '09映画版
「コズモ」や「ゾディアック」も出てたのかー。
あとからネーリング先生がマックスフォンシドだったと気付き驚愕www
minbefore_20170519154311c5f.jpg→→→min_20170519153438ce3.jpg

レオ様あんまり好きじゃないので敬遠してたけど一々ウマいなとは思った。
ただ何かこう無駄な演技になってしまいがちで演出が悪いんだと思う。
あからさまなCGも違和感。原作では名無し院長役が警備隊長になっていて
歩いて連行シーンがジープでという変更の際のバック画像は同じ野っぱらを
何度も巻いて映してると思うぞ。

うーん。。。もう一回ラストちょびっと見てみようかなぁ。。。
読後脳内補填しながら見た方がミスティックリバー同様に良いと思われ。。。
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kazsp96.blog.fc2.com/tb.php/3484-9d6316aa