冗談が冗談にならない

2017.05.11(00:50)

「冗談は通じないよ」という人がいる。うん本当だダメだこりゃな人。




親愛がなけりゃしないけどヘマをしたので冗談でヘッドバッドをした。
あぁ軽く。ほぼそんなことしたことないから久し振りにしたところ
むしろこっちが痛かったくらいで。

で。

何か不思議な数分。もうそんなことはさっきのこと&その場の冗談。
くらいなせいぜい20分前後の時間が経ったろうかフト嫌な気配。
なんとなく察してしまって逃げた。

それから5分ほど後か 改めて遠くにいるけど聞きに行ってみた。
「あなたは私に頭突きやり返そうとしたでしょう?」「うん」
わーアタリだwww

この件は「頭突き」だけれど 軽い冗談のつもりでしたことを逆手に取り
「同じ頭突き」を「ただやり返す」というフェーズで重く酷くやり返す。
今日のところはそれがピピンと解ったので避けることが出来た ヤレヤレ。
こういうことは解っていないわけじゃないんだけれど 通常私は人間として
楽しく暮らしている中で袖すり合う人ともコミュニケーションもあるわけで。
必要以上に関わってはいけないのを時々うっかりしてしまう。

昨日や今日会った人じゃあるまいし そういった冗談の頭突きであっても
イヤであれば「ちょっとそういうのやめて」と言えば済むでしょう人間だから。
そうも言わずに嫌だからと倍に暴力で返すのってむしろ「大丈夫?」でしょ。

駄話で ぺちんと腕を叩いてドカンと腕を叩き返される人っていないでしょう?
極論を言えば私がナイフでこの人の腕とかうっかり軽~く刺してしまったら
この人は私の心臓をナイフで貫いて「おまえがやったから」って言うんだろ。
死んでもなんでも「やられたからやりかえした」と言うんだろう。
なんでも平等だと言うんだろう(呆

気が付かなかったら今日はがっつり頭突きを喰らってただろうなと思う。

今日はディーバ―のLDネタを読んでいますw。
学習障害とか情緒障害とかの問題じゃないよね
私の子供の頃から知的障害以外の障害って概念がなかったから本当に驚きと恐怖しかない。

死ねばいいのに
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kazsp96.blog.fc2.com/tb.php/3480-3b9e99da