奴隷から大統領へ

2017.03.17(23:25)

↑こういうブログタイトルをつけたいものだから元タイトル忘れてしまうのだな。
ホワイトハウスダウン ('13)

先日からCSで見そびれていたので買い物から早く帰宅して見る。
監督が食わず嫌いでいるローランドエメリッヒだから期待薄で。



ツマミ作りながらでまたしても真剣にガツンと見ることはできなかったが
勧善懲悪のサクサクアクションで面白かった。
娘の使い方やようつべに事件をうpなんてのは閉口ではあるのだけど
主役のチャニングテイタムがカッコよかったので眼福。
そういや「マジックマイク」はHDDに撮って未だに見ていない。。。

そして今回の合衆国大統領がオバマを模しているのだろうと思われる
黒人ジェイミーフォックス。ジャンゴで主役の奴隷だったのにw
その差を見ているだけに 本人も役者冥利に尽きるだろうしこちらもニヤリ。

エメリッヒなのに。だから。CGが雑なのは残念だなぁとは思った。
特にラスト近くの母親が娘に駆け寄るところの背景が気持ち悪いくらい。
ホワイトハウスのツアーガイドが「俺のホワイトハウスをこんなにしやがって!」と
テロリストに怒るところは面白かった。

以前見たエンド・オブ・ホワイトハウスと殆ど同じシチュエイションながら
(あっちは役者が豪華だけど)これはこれで見応えがあった。
どちらもハリウッドらしさが全開で 単純に見る分にはゴキゲンの部類かと。

エンドオブやバンテージポイントなんかを見てて楽しいとは思うのだけど
昔のように楽しく明快なハリウッド映画じゃなくなっていて そこかしこに
アメリカ至上主義なプロバガンダが練りこまれているのはちびっと面倒かな。
単純なんだからスコーンとストレートに思想など入れなければ良いのにと我思う。
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kazsp96.blog.fc2.com/tb.php/3464-dc2db4d9