バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生

2016.08.31(14:44)

リメイクものって好きじゃないのだが見てみた。なげー。。。30分は削って良かったかと。
久々のローレンスフィッシュバーンやジェレミーアイアンズに喜んだのも束の間だった。
おかげで他のことしながら流し見となってしまった。
トランスフォーマーとファンタスティック4とアイアンマンの混ぜ物みたいに感じた。
めんどくさーい登場の仕方でワンダーウーマンまで出てるし。
映像は前者たちに負けず劣らず迫力もあり派手で良いと思うのだが演出もホンも悪い。
アベンジャーズの二番煎じにしか感じられないのだな。マーベルの大勝利。
面倒だからあんたたちアベンジャーズに入れてもらいなよと思うばかりなり。

ダイアンレインも久々でまだ若くてキレイなのだがスーパーマンの母親で拉致されて
被害者感を醸し出すのが 昨今の高畑問題を彷彿させて安易で不快だったり。
エゴ満載の富豪レックスルーサーがあまりにステレオタイプ演技過ぎて。。。
最後のクリーチャーの造形で もう呆れるしかなくなっちゃった。

年代的なものか昭和40年代からのテレビシリーズやアニメや元コミックの世界観がDNAにあり
なんとか許容できるはずの出来だったバッドマンムービーもマイケルキートンが嫌いなばかりに
あれから触ることなくきた。スーパーマンもジョージ・リーヴスでいいんだよ私は。
クリストファーリーヴでギリギリかな。吹替えが佐々木功だったからクリリー好きになれなかったけど。
ベンアフ悪くなかったけどね。 近代的な特撮やもーんのすごい機器など要らない。

コミカルな部分皆無なのも良くない。所詮ベースはコミックなのにまったくのオリジナル別物なんだもの。
悲壮感漂いすぎて見ててクサクサしてくる。喜怒哀楽の喜楽抜き。天ぬきや鴨ぬきみたいな感じw

ゴッサムシティからバットモービルでロビンとのバディでいいわけ。
クラークケントはロイスと痴話喧嘩しながら電話ボックスで着替えて火事場に程度でいいわけ。
こんな壮大なものはこの人たちに求められてないと思うのね。

マーヴェルヒーローたちの出来が良かっただけに(TVシリーズ以降の超人ハルクは除く)
特にアイアンマンが近代に即して違和感のない出来上がりとロバート・ダウニー・Jrの色気と
オジ―を触りだけ聞かせるのがあまりに粋だったので比ぶべくもない。X-メン然り。

ザックスナイダーはマイケルベイをやりたかっただけちゃうんか?が一番の感想かな。
映画って何?娯楽でしょ?ダンサーインザダークみたいな例外はあるけどさ。。。
300は面白かったんだけどなぁ。。。
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kazsp96.blog.fc2.com/tb.php/3405-23409d19