続・夕陽のガンマン

2016.04.13(13:43)

今朝も株がウマく動いてくれずザシネマで9時45分からやってたので現実逃避に見る。

これは勿論映画館で見たに違いないが クリントイーストウッドがをーティハリーの後期から
苦手になったおかげで淀川時代以降も見ることなく何十年ぶりかの再見物件。

原題は Il buono, il brutto, il cattivo マカロニウエスタンだから。
イングリッシュバージョンにて The Good, the Bad and the Ugly 善玉悪玉卑劣漢
Goodイーストウッド Badリーヴァンクリフ Uglyカルベラw というテロップが入る。
ひゃーリーヴァンクリフ出てたんだ。これが美しいとしか言いようがないキレイな顔。
スネークちゃんのときもカッコよかったけどこれ見ちゃうとあれは抜け殻だなw
たぶんこれを見たから今に至るまでリーヴァンクリフが好きになったんだなと思う。

そして。。。そうカルベラ。イーライ・ウォラック見たらカルベラとしか言えないよねー。
何かしら窮地に陥るたびに生き残っていく悪逆非道な雑草魂が素晴らしい。
もう思わず「カルベラやるぢゃん!」と何度つぶやいたことかw

イーストウッドはまだ嫌いになる前。むしろ好んで見ていた頃だからカッコいい。
Goodとはいえ善玉じゃないじゃん!という流れではあれ路線はずっとこのまんま。

淀長さん曰くのマカロニウエスタン。
こののちジュリア―ノジェンマものにも傾倒したけど結局内容は。。。ねw
ともあれ3時間と長尺で冗長ではあれ何も考えずに見るのは楽しい。
カルベラが100キロの距離を経て町に辿り着いたガンショップは楽しかったなー。
確かにタランティーノが好きそうだ。今になってタラの方を既視感しちゃうくらい。

とにかくトゥーコのおかげで前場とお昼御飯が終了しました。
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kazsp96.blog.fc2.com/tb.php/3367-974344fa