寝てる間だけでも夢見て生きていられたら

2015.11.08(21:09)

フランキー堺の老後を一緒に過ごす夢を見た。我ながらワケがわからない。
彼の出た映画を見たのは2カ月ほども前だし そもそも私は彼はまるで好きではない。何故?@@
 
何やら古くからお付き合いがある体で 真っ黒いトランザムで歩いてた私を迎えにきたフランキー。
(これについては最近ナイトライダー再放送見ているせいかもしれないw)
「頼みたいことがあるんだ」と。車に乗ってどうやら熱海方面に向かう。
死期が近いらしく 明日死ぬかもしれないがまだ10年生きるかもわからないが死ぬまで一緒に
いてくれないか?みたいな話で そんな生活が始まる(だから何故にフランキーなのか?)
まーるきりファンタジーなのではあるが(そもそもフランキーとうの昔に亡くなってるし)

後妻業wではないし介護でもなし。ちょっとした医療行為などもプロの人がやってくれるし
例えばベッドメイクにしても大体な清掃もやってくれる人がいて ただ私は少しお料理をしたり
身の周りのお世話をしたりしながら 背の高い広い窓から燦々と陽が差し込む暖かい部屋で
フランキーと日々をシアワセに過ごしている。

海辺を一緒に散歩したり プールサイドで日向ぼっこしたり ちょっぴり近場にドライブしたり。
朝刊を読みながら記事について駄話をしたり テレビや映画を見ながら 誰かと会いながら
ちょっとした穏やかな会話を楽しむ。常に穏やかに笑顔が出る会話をしてくれるフランキー。

お互いを慈しみ労いながら穏やかな幸せで笑顔で楽しい毎日が続いていく。
だからこそお互いがお互いを大事に思い相手のことを思いやる日々を楽しめる。
何をするでもなく首から肩のくぼみに顔をうずめて寝る幸せを思い出して味わったりした。
少なくとも夢の中で見ている限り死ぬことなく 常に穏やかな笑顔で私を見てくれてながら
急変もなく元気に知性的に過ごしてくれるフランキーを愛おしく思い。

夢みたいな夢だった。
こんなことは私は一生味わえないなぁ。
毎日こんな夢を眠ってる間だけでも見ることができるなら何より幸せだと泣けた。
日常でこんな思いはできっこないから まったく謎だけどありがとうフランキー。
おかげでまたこの夢見たくって寝る前には毎日フランキーのことを思ってる。
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kazsp96.blog.fc2.com/tb.php/3339-d1e2b72d