ハミングバードとバトルフロント

2015.08.14(00:00)

★ハミングバード(’12)


バトルフロントの次に見た。こちらもレビューあまり良くなかったが私は好みだった。
ハミングバードとは無人偵察機のことでありタイトルが伏線ともなっている。
アフガンで悲惨な体験をし、させて帰国して軍法会議から逃亡した元傭兵。
今回も髪の長いステイサムから始まる。

アルコールで幻覚を見るほど(ここでも鳥が部屋の中を飛び回る)まさにトラウマを
抱えて底辺以下に落ちていたステイサム。
ホームレスたちアッパーたち(Wミーニングとして)嫁子供に修道女などふれあい
ジョブは別としても生活としては盛り返して行くが。。。ハミングバードなラスト。

ただただ明るい能天気よりやはり何か心に傷があるヒーローが心地よい。
ヒロインの修道女は女優も演技もちょっと好みじゃなかったなー。
トランスポーターの賽銭箱のは面白かったけど ステイサムはエロシーンがないのが
非常にありがたい。なんだかホント最近エロと目に余る暴力描写がきつくなってきた。


★バトルフロント('13)

原題はハウスフロント。その方がそのものなのだけどなー。バトル言いたかったんやね。
ステイサムだから見ただけ。スクリーンプレイがスタローンになっている。あれれー?

んで10分見ればラストシーンまで頭に浮かぶほどの稚拙な脚本でございます。
ちょっぴりはジャンキーモンペとかイマドキ風を装ったのかもしれないが何もヒネリなし。
完全にコマンドーな展開に食傷もいいとこ。
この子も可愛いもんだからアリッサミラノにかぶるかぶるw

麻薬捜査官でー 逮捕劇を幕開けに見せてー そのボスの息子が死んでー
おまえの娘もなー!とか捨て台詞言われてー 黒猫と可愛いお嬢ちゃんがいてー
もう何も書かなくてもあらすじわかるでしょー?

とにかく黒猫と娘が心配で見ていたくなかった。あぁ猫が殺されるんだ娘も。。。と。
昔だったら絶対だよねー。イマドキだからか殺されなくてありがたいったらありゃしない。
アクション映画は好きだけど無抵抗なもの対する暴力描写は凄く嫌悪感が先立つ。
大人になったんだなぁと思う。自戒なのか自覚なのか老成なのか。。。イヤだとにかく。

もう最後までにゃんちゃんは大丈夫か気になって殺されたりする描写を見たくなくって
殆ど中間は見なかった。内容もないし。ステイサムを見たいだけの人にはいいかな。
レビュー見たらこのスタローン脚本マンセーしてる人がいて腰抜かしそうになったわー。
映画見るのコレが初めてかー?と思う程。爽快感がたくさん書かれていたのもビックリ。

シザハン以来のウィノナライダー出て恋愛対象な学校カウンセラーかと思ったら違うの。
娼婦で薬の売人のつなぎ。良い人黒人がウィテカーと一瞬思うほど似ていた。

バトルフロントに関しては完全にプログラムピクチャー風。メイン見せろーヽ(`Д´)ノ
ステイサムの無駄遣い。優しく慈愛に満ちた表情はとっても素敵だけど。
csで流れてるの斜め見なら良いけどこっちは再見不要物件。
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kazsp96.blog.fc2.com/tb.php/3318-cf7a9a59