ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金 '13

2015.08.10(14:12)


なんの前知識もなくロックさまのビデオジャケットだけ見てチョイス。
そりゃ当然ロックさまだもの。ボカスカドンドンだと思っていたところ。。。

OPはシリアスタッチで開始。
独白から「SIX MONTHS EARLIER」って出て良作の手ごたえを感じた。
カーショウがサラダを発明したのはPOOR PEOPLEと話したことも。
実話ありきのクライムもの。しかしシリアスのシの字もないコメディと発覚w

ともあれ主役はロックさまではなくTEDのマークウォールバーグ。
トレーナーになった前科者マークが商才を発揮しつつ自己啓発セミナーへ。
こういうくだらないのは古今東西あるのだね。主催は中国人ときたw
それで明後日の方向にやる気が起きて 他のトレーナーを抱き込んで
顧客の金持ちカーショウ(名探偵ムンク)をキッドナップ。

現実に大富豪ならそれなり使用人なり近親者なりがたーくさんいるはずで
一人二人をさらったところで不動産から何からそっくり移動なんてことは
ありえないと思うので脚色も強いのだろうけれど まぁアレだw

それで頭の悪い筋肉3人が行き当たりばったりになんとか成功しちゃう。
ココロのボスが「クーダラナイクーダラナイ」と言うようなくだらなさが面白い。
病院とデブ嫁やCIAや隠れ家のくだり。特にシリアスに話している隣で
南極2号が間抜けな顔してフワフワ立っているのがとても良い。

問題は129分と長いこと。もうちょっと削れたら気楽だったな。
途中からエドハリスが出てきておお!っとなるがそこから半分だもん。
日本では公開されなくてビデオスルー作品とのこと。
バラバラ殺人がネックだったのかエログッズ描写がアレだったのか
ジメジメしたノリではなくオバカ映画としか思えない出来なのになぁ。

実際マークなんやらは好みじゃなくてロックさまのTシャツのロゴとか
無理くりユダヤのカーショウをキリスト教に改宗させちゃうくだりとか
断酒会所属の前身と思いきやズビズビとヘロ?コーク?やってたりとか
服役して目をキラキラさせながら讃美歌唄うとかこれだけで満足。

最後の最後で監督がマイケルベイだと知る。はー面白かった長いけど。

暫く現実逃避月間にて映画と読書が増える日々。緊張の夏。嫌な夏。
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kazsp96.blog.fc2.com/tb.php/3316-80edad17