TEDとミラーを拭く男

2015.06.14(00:00)

やっとTEDを見る。有吉の吹き替えに興味があっただけで
本編にたいして興味はなかったが大正解。
だってフラッシュゴードンへのオマージュがいっぱいだからw


フラッシュゴードンあらすじ?w

私はフラッシュ大好きだったからたまらんものがある。
でもそれだけっちゃそれだけかな(苦笑
テッドがアルフに間違えられたなんてネタにも笑えたけど
基本的に下品すぎるかなー。
こんなの子供が絶対見たがるだろうにね教育上イクナイと思う。
なので再見不要物件。2もいずれ見ると思う。



そしてずーっとHDDに撮り溜めていた緒形拳のミラーを拭く男を見る。
2002年の映画だったのか没後ずいぶん熟成させてしまった。
で楽しみにしていたのに2時間無駄な時間となり消去済。

セリフほぼないのも酷いし それで内面の演技すら出てこない。
緒形拳の無駄遣い以外の何物でもないな。
意図を感じなければ映画を見る資格はないくらいに思う自分もいるが
これは解りようがない。解らない自分がバカだとも思わない。

良心の呵責や罪の意識が根底とこじつけようが 自分の交通事故の
後始末すらつけていない。社会人としての義務を果たしていない。
これのどこに責任感があるというのか。モノを問われても答えない。
表情や所作で感じることも殆どない(あっても趣旨と何か違和感)
色々取り方はあるんだろうけど これじゃただの池沼映画だ私にとっては。
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kazsp96.blog.fc2.com/tb.php/3297-a19f2d35