百田尚樹『殉愛』の真実

2015.03.14(17:21)

いろいろ似たようなことがあるようで。。。(苦笑

金スマは不愉快なものばかりなのでキンタローの社交ダンス以外見たことないが
たかじんの回は見た。私自身は彼が嫌いだったから敢えて興味があったのだ。
『たかじんのBAR』は初期からたいがい見ていたし知人絡みの別件の理由もあって
豪放磊落に見えるだろうけれど 酒癖の悪い根はチキンで無責任で女みたいな男だ
という認識が強かった。他人の悪口でヘラヘラ酒飲んでるクサレみたいな。

金スマらしいうさんくさい構成だなぁ程度だったが あとはネット民ならご存知の通り。
百田という人の著書は一切読んでもおらず(ナイトスクープの構成作家だったんだって。
小説家じゃなくてテレビ屋だったのかー。そしてご当人の記憶は流石に私もないけど
なんとラブアタックに当時たくさん出てた大学生で かぐや姫と結婚したとはビックリ)
巷で話題の「百田尚樹『殉愛』の真実」を読んだ。

件の『殉愛』の矛盾や疑惑を解明するということで書評レビューなど大絶賛されている。
そうはいえこんなもの買う気はないので図書館で蔵書検索をするとなし。
リクエスト出したら入れてくれたのですぐに借りることができた。やれやれ。
何やら表紙を外すと趣向があるらしいのだが図書館本なので確認できず。
感想としては思っていたほど私にはエキセントリックな内容ではなかった。
あぁあぁエラソなこと言ってたたかじんが小娘にイイようにやりくられたんか…程度。

2chスレも覗いてみたが凄い数にて関連サイトも含め拾い読み程度。
何かこう義憤にかられたみんなの気持ちは良く解るし鬼女板らしい探索もスゴイ。
正義感にかられた挙句むしろヒントを相手に見せてどうすんのとも思うが。
故人の娘さん側のスタンスで語るのは判るしご遺族の無念に協力したいのもよく判る。
なんとか良い状況になって欲しいとは私も思う。

ただ。。。所詮は他人様の財布の中身を心配しているだけなのよね。
訴訟している今まさにこのときも遺産は消費されていることだろう。
最高に運よく欠格要件に該当したとしても どこまで残るか取り返せるかだよなぁと。
で、それは遺族の問題でしかない。あまり外野がヒートしない方が良いなと老婆心。

それにつけても本当に馬鹿なイキモノがいるものだなぁと。
永遠の0からw 巨額の遺産を手にしたんだもの 黙って地下に潜っとりゃ良いものを
どうして表舞台に出たがるかね。虚栄心と自己顕示欲さえなければこんな大事にも
ならず痛い腹を探られることもなく笑っていられただろうに。下手すりゃ犯罪者だ。
脛にキズもつ奴は表に出ちゃダメだよ。脇が甘いどころではない。
またそれに群がる守銭奴たちがいるのも解るけど この群がり方は異常だ。
ただの素人後家がここまでマスコミの奥深くに侵攻するなどあり得ない。
甘い脇でもそれなりの知恵はある。頭がもうちっと良ければねぇ。。。というところか。

器もないのに上に立ちたがるのは今まで社会的に認められることがなかった人だと思う。
ろくすっぽ仕事してないとか フツーに主婦とか。嬉しくてしょうがないんだろうなぁ。
男の人でも金銭的に満足したあと生まれるのは名誉欲だものね そんな感じー。
こういう大人にならないためにも そこそこチヤホヤされるような青年期を送らせたげ
ないと一般人の人格形成には良くないんじゃないかと考える。
まだまだ続くだろう事件だけど 吉野?とかいう議員弁護士の動向の方が気になるかな。
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kazsp96.blog.fc2.com/tb.php/3269-9f8a341c