婆さんが脳梗塞になった18最終章

2014.10.29(21:28)

正しくは婆さんが脳梗塞になってから肺ガンになっただなぁ。。。
そして特養大作戦の看板を外すつもりが土壇場大逆転劇にて心穏やかならず。

25日
老人ホームに戻れないのと余命一週間弱との見解が医師より明白にされたので
同時進行で退去しなくてはならない部屋の片付けに朝から行く。
バリアフリーの部屋に移る前後も地獄だったが またしてもこの作業でガックリ。
業者を呼ぶのも予約がエラク先だったり落ち着かないので頑張って車にみっちりと
家具を乗せハードオフにて処分。がんばった。。。

26日
午後から再度ホームにて搬出作業。今日は凄い重量モノだったので人に頼む。
今日はトレファクで荷物処分。帰りに病院に寄るが変わらず安定とのこと。
暗くなり夕飯の買物しながら帰り道。来ていただいたばかりなのに危ないと電話。
20時30分死亡 あちこち連絡やら段取りやら。ぐったり帰って4時迄だるだる呑んだ。

27日
病院で荷物引取りや死亡診断書を貰う。埋葬はまだなので死亡届は日延べにした。
とにかくホームに行って一日遅くまで仕分け搬出作業。29日も搬出。まだ終わらない。

28日
特養大作戦の最終章。
9月24日に終末型ではないが素晴らしい施設Cの入居待ちが決定したわけだったが。。。
もうそれどころではなく療養型病院の選択肢。それもムダになったわけだが。。。

なんと死ぬほど希望していた近所の終末型K園より「入居の準備をしてください」と電話。
もう明日にでも手続きに行け すぐにでも入居が出来るところだった。

前記Cは元よりこの終末型施設。どちらも申し込んだのは8月。たった2ヶ月で決定。
こんなに早い段階で特養に入れることなど信じがたい出来事と皆さん口を揃える。
「あ り え な い」 
特に終末型なんてダメ元もいいところの申込だったのに。。。

亡くなってはしまったが 今回の脳梗塞から肺ガンまで関わった施設や病院や関係者と
何から何まで停滞なくするすると幸運な流れでやってきた。運が強すぎると言われた。
そもそも東京に引き取ってアパート暮らしをさせながら現在のホームの入居待ちですら
2ヶ月くらいで決まって驚いたものだった。

特養の件もそうだが自分で言うのもアレだけど私の腕だと思う。やることやるから。
母親のことで私自身が私自身のすべての運を使いきってしまったような気がする。
肺ガンさえならなければ素晴らしい老後が待っていたのに。
電話のタイミングがあまりにひどいので悔しくて悲しくて爆発しそうだった。
友達に愚痴電話と愚痴メールで吐く。はらわたよじれるほど悔しかったのだもの。

なので特養になかなか入れなくて困っている人も諦めずに頑張って欲しいと思った次第。
たいして変わったアクションをしているわけではないと思うが 微妙な交渉の機微はあれ
大袈裟にならず。そして真摯に。必要なことだけを話し。お願いした結果です。
普通であれば言わない事柄も話し 素直に助けを求めるのが何事も一番である。

31日
病院の会計が出て支払いに。その足でホーム片付け。
last1.jpg
この前にコレと同じくらいの量を先週出している。とりあえずコレでおしまい。か。。。
本当に後から後から数ヶ月に渡ってこの荷物の片付けが地獄の日々だった。それもおしまい。
あとはこれとは別に家に持ち帰った荷物もリビングを占拠しているので追々処分していかねば。

last2.jpg
あとは明け渡しを待つばかり。

今日また隣接地の特養から合格通知が。また悔しさにブチ切れそう。切れないけど。
このありがたい連絡が苦痛なので早く申込済の施設にお断りを入れたいが暇がない(苦
ぼちぼち追々と動いて行かなくては。。。


死にさえしなければ高笑いで大団円に終わっていたはずのカテゴリーでした。
本当に暫くこのショックはひきずりそうである。悔しくて悔しくて悔しくて。
今日はやっと少し落ち着いた時間が出来たのでうp。 これにてこのカテは終了。
スポンサーサイト

コメント
倉庫さん、お疲れ様でした。
少し体と心を休めてくださいね。
【2014/10/30 00:11】 | たまに読んでる人 #- | [edit]
はい早いところ遺品整理を済ませてダラけようと思います
お気遣いありがとうございます
【2014/10/30 10:33】 | 倉庫主★ #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kazsp96.blog.fc2.com/tb.php/3222-2682d223