闇の狩人

2014.10.18(00:53)

こないだから書きたくてうずうずしていた時代劇専門チャンネルとスカパーが制作費を出して
池波正太郎作品を丁寧に作った良質のドラマ。期待してなかったのに面白かったわー。

何より監督が石原興さん 言わずとしれた必殺シリーズのキャメラマンから監督になった人。
この人の映像はとにかく「女優をキレイに取らせたら東西一」というくらいの華のある絵を撮る人。
女優に限らず街並みや家並み空川そこを取り巻く人々全てがクリアな透明感のある画像。
キレイな女優さん手をつけてw結婚されたのよね石原さん。

そして本編は久し振りの中村梅雀。梅之助さんのご子息もいつの間にか還暦に手が届くお歳に。
彼との出会いは西田敏行の吉宗だったっけか。あれでいっぺんに好きになったっけ。
その後は何故か信濃のコロンボか?現代ドラマに移行してご縁が遠のいてしまっていた。
調度放映を控えて時専のえなりの番組で出演者が出てたのも楽しく興味を惹かれ満を持して。

古い時代劇は見ていがちな昨今だが新作。はてさて如何か?実はまるで期待していなかった。
ところが現代の制作を感じさせない非常に丁寧で重厚。ホンもさることながら演出の妙。
なんだかすごい誉めてるな私w いやほんと誉めたくなっちゃう作品だった。

まずキャストは磐石。波乃久里子が大好きで私。これがまたワルダンナ津川のイキな女房。
風吹ジュンもいつのまにこんないい女優さんになったんだろうね。
ヒデキと共演していた頃はワラ人形買おうと思ったこともあったのに(苦笑

そして。梅雀さんの江戸弁の素晴らしさったらない。泣きたくなるほどキレイな言葉言霊。
お父さんと違って顔はあんなだけど なんとも言えぬ色気がある。
言葉もキレイながら目を瞑って聞いていると当たり前だけれど梅之助さんにそっくり。
もうこのセリフ回しを聞いているだけでもご飯3杯食べられる。2人とも本当に言葉がキレイ。

弥平治さん自身は慈愛に満ちたデキル人なのだけど欲がないというか。
勿体無いラストだなぁと思うけど そのハートウォーミングなラストがまた良かったりする。

梅雀さんは勿論素晴らしいけど お父さんでも見てみたかったなぁこの話。
ブルーレイに焼くに決定。そば屋梅吉捕り物帳と同じ盤にw



何気に調べたら五社さんが芳雄ちゃん使って映画も撮ってたんだねっ
こりゃ探して見なくちゃいけません。探偵さんでこの話のセリフ確かに覚えているわー。
ていうかHDDに入っているハズ(嬉
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kazsp96.blog.fc2.com/tb.php/3219-f7ad53d1