婆さんが脳梗塞になった14

2014.08.27(16:03)

22日
急性期の病院とリハ病院に急ぎでもないしと棚上げしてすっかり忘れてた診断書提出に。
それと19日に申請した負担限度額認定証が届いた!これで高いところも射程距離となる。



23日
退院日報告:隣接地A苑(担当者不在 大野氏申送り依頼)/T園H氏不在
個床特養2軒目のCK 担当者不在月曜より出勤にて後日TEL

PM2 在宅介護センターMよりTEL
デイサービスを考えていたが空きがなく ホーム関連のところなら毎回風呂もOK
サービス中の食費も敷地内のホームに戻って取れるので別料金は不要。
なので週2から週3に増やしてはどうかとのこと。施設内月水土と週一ヘルパー手すり含め
概算で9月は月11回¥14,427 10月は日数が増えるので¥16,000弱くらい。
あとはオムツ代が加算となるが 不要オムツのいただきものもあるのでそれも使ってよいと
なにやら至れり尽くせりで 勿論ありがたいが妬ましい気持ちが膨れ上がる。。。

ホーム内での趣味催事に行きたがるであろうからデイサービスはあまり回数を増やす気には
なれなかったが 施設内で誰がその別棟ルームに連れて行くのかという問題だそう。
本館まで段差もたくさんだし 出席を禁止しても見守りがなくとも本人は行くのは自明。
現実にはデイサービス自体でも趣味催事をやるのに更にやると言うに決まっている。
デイサービスとヘルパーを趣味催事とかぶらせ阻止しようと浮かび確認の電話するが出ず。

25日
AM10個床特養CK園にTEL 27日AM11見学訪問予約
それから更にホーム片付けとテーブルを買いに。ベンチチェストや引き出しなど処分。
前回M氏と相談したように家具の配置を変更。ウチのカウンターチェアも持参で手すり代り追加。
やっとベッドに寝具を敷けた。長い道のりだった。もう家具は増やしたくはないが衣類を入れる
何かをひとつ買わねばならないかなというところ。

趣味催事の確認
(月)AM体操PMコーラス (火)月一AM英語 (水)ヨガ (木)PM転倒予防体操 (土)御詠歌
月水土はデイサービスで問題なし。ヘルパーを火曜に当ててやるかね(ニヤニヤ

27日
AM11CK園に訪問 S氏♂ 前回の個床特養と経営母体が一緒なので説明は半減かな。
これまた前回同様に必要書類を持参したのでその場で申込書入れられて助かる。
200人待ち。判定は9月で二ヶ月に一度あり。調度良いタイミングでしたねと言われる。
リハビリは提供せず(CC苑では話なかったがたぶん同じだろう)「看取り」で自由度が高い。
日程は申告したが退院後もう一度報告電話をくれとのこと。

問題は。。。前回の簡易売店やヤクルトやパン・菓子の訪問販売があるということと何より
大きな商業施設が近く皆さんが買物に出られるそうだ。これが一番困ること。
また「ゴミ」が増えるは必定。小遣い渡さないにしてもそれが済むかは大きく疑問と問題。
入れたら有難いけど良過ぎる環境は些か困るなぁ。CC苑の方なら田舎で良いのだが。。。
本当にどこも帯に短し襷に長しを実感する。選べる身分じゃないのが辛いところ。

PM1:30
在宅介護 S氏♂に相談TEL
事情を話してヘルパーを火曜に希望するだけしてみる。結果はまだ不明。
退院日はレンタル業者の契約にかなり時間が掛かるらしく希望時間に終わらなそうなので
自分の鍼灸予約を取り消すことに。
特養申込書の現況報告欄とホーム側の摺り合わせをそちらからお願いしたいと話しておく。
呑気に「大丈夫です いつまでも居住できます」なんて言われちゃ敵わんからな。
実際は特例的に居させてもらえ現実の対処には間違いなく問題あるので大丈夫とは思うと。

合間に昨日から再訪住友MRと自分の保険の見直し。先進医療特約付帯の連絡して書類待ち。
Aflったらすごいわー。先進医療99円/月で主契約につけられる。うれしー速攻で付ける付ける。

29日
退院前の最後の片付けにホームへ。余程1日の退院時にとも思ったが落ち着かないのも嫌だし
気になって朝寝もできないので寝るの諦めて 頑張って行ってなんとか目鼻がついた。
帰りに病院にも寄り最後の洗濯と 一向に退院についての連絡もないので聞いてみようと。
注意事項もこれとなく「退院おめでとうございます。9月1日(以下会計時間)」の紙ぺら1枚という
なんだこれ度が高いw どうでもいいやもう。
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kazsp96.blog.fc2.com/tb.php/3203-c5438414