婆さんが脳梗塞になった13

2014.08.18(00:00)

18日
ケアマネージャーと病院にて関係者含め会議と今後の方針のアウトライン
軽く済むと思ったら病院側も担当者総出でホームからも職員が来てくれて2時間も掛かった。
またホーム内の部屋にて面談して更に必要な介護用品の選択を含め契約は後日となる。

歩行器や近況からホームでの生活が高リスクという今更の認識を共有しつつ 支援センター員は
ホーム職員に対し一々確認をし補助を依頼するのだが現実的には無理なのにどうするんだろうか。
そんなにあれやれこれやれて指示されてもこちらも申し訳なく困る。あくまで自立型ホームであって
なんとか置いてもらうだけだから。

支援センターS氏♂が限度額申請の話で役所に確認を取ってくれた。何が何だかわからぬが(苦笑
するとウチは2段階ということで限度額申請書を提出すれば 多床ではないお高い個室の特養にも
安く入れるんですってよ奥さん!そんなこと知らないってばねぇ。


翌19日に連絡あり
★介護用品やサービスの個別概算
レンタル手すり天井からの2 置き型1で1100~1200円 シルバーカー3~400円
入浴補助・掃除・洗濯 週2 @680円×8回~9回  5440円~
家事のみ @280円
デイケア(リハビリ主体) 昼食と入浴 週1 @2150円×4回  8600円
デイサービス通所介護 三食と入浴 週1 @1850+α(事業所により食事代に若干の差) 約8000円

要介護度4ということで月間30000点まで使用可能。それ以上は実費 上記は1割負担の額
つまり3万点てことは=3万円(を一割負担の実費で払うということ)3万円分が控除ではない。
でそれ以上掛かる場合は満額の請求がくるので端的に言うとデイケア1回2万以上実費てこと。

現状のリハビリ病院では毎日してもらえることを今度は依頼して支払しなくてはならなくなる。
そりゃ毎日でもデイケアを利用するのはよいことなのだろうが費用面で対応できない。
当面の老人ホーム利用料に加え オムツ代も控除対象にならなく更に掛かってくる。

出さなきゃ出さないで衰えてくるから 次年度の要介護度判定には有利に働くかもしれないが
状態が悪くなればホームには居られず老健ということになる。すると更に高くなるし流浪となる。
そのタイミングがうまく回れば良いが。何をしてどこまでかなというところ。判断が付きかねる。

病院SWからも連絡ありあーじゃこーじゃレンタル品について言っているがもういいよって感じ。
現実に昨日の会合から問題点が山積なのが顕在化したためか「退院後大丈夫でしょうか?」と。
たくさんリハビリなどをした方が良いと思いますて。。。金銭的な問題もあるから困ってるわけで。
あんたたちがアバウトに考えて対応したからこその早期退院でこんなことになってるんでしょう?
一日でも長く限度まで居させてくれたらまだ良かったわけですよ。後付言われても不快なだけだ。

とりあえず鍼灸院で治療。ここ一週間ほどか左足指2本にしびれがあることからヘルニアと再認識。
舌先も数日痛い。なんだか悪いことばかりで湿布して安定剤飲んで亜鉛飲んで寝た。

19日
今日は休養日にしよとむっかりとジムでストレッチしてたらまたしても閃輝暗点が。。。(苦
いつもの立っていられないほど酷いのではなく 割と軽目にギザギザである意味助かったのだが
ゆっくり落ち着かせて車で帰宅も 役所に負担限度額の申請書出しに行かねばならないの思い出し
なんとか頑張って行く。2週間程度で自宅郵送とのこと。収入の算定方法がよく解らないまま放置で
今迄来たけど少し聞くと 遺族年金は非課税なので本人の安い老齢基礎年金が基準になるみたい。
ははぁなるほどそれで安いのかと氷解。あんまり確認して遡及で請求されちゃイヤだと黙ってたしw
帰って遅いお昼を食べたらいつの間にかソファで潰れて眠ってた。

20日
支援センターS氏に更に提示された個床の高い特養3件に連絡。まだ盆休みと見え担当者不在ばかり。
一軒はやっと夕方過ぎに連絡くれて 明日見学面談と 更にまた悪夢の作業が始まる予感。
申込済のT施設にも退院報告TELするがここも担当者不在。他はもう電話する元気がなく後日とする。
こうしてなかなかスムースに事が進まないからこそ余計にモチべも下がるし気持ちが荒んでくる。

昼頃からホームでいつもの片付け。とりあえず今日で「ゴミ」は一段落かなぁ。。。残るは整理か。
 ホントもうイヤだ

PM4 支援センターM氏とレンタル業者待ち合わせ(30分くらい遅れてきた別にいいけど)
手すりやベッド周りの考察。歩行器はおためし無料1週間とのことやとにかく安いが大前提で進行。
家具を増やして退所時の処分がイヤなのでテーブルレンタルするつもりが買った方が良いとのこと。
レンタル手すり以外にも手すり代りが欲しいから家具をむしろ置いてくれとか言われ途方に暮れる。

デイサービスに関してはリハビリ主体の所とレジャー?主体の二種類あるそうで双方とも入浴つき。
それならホーム内でヘルパー依頼の入浴は不要となる。が週一回では少ないであろうとは私も解る。
金銭的に負担増だが週二にせざるを得ないのかなぁと。それで単純家事だけヘルパーに。
ところが週二でもお風呂に入れないかもしれないなんてことがあるそうだ。意味ないじゃんね。

例えば週一リハ主体 週一レジャー主体という契約も可能ではあるそう。ただどちらも空き次第。
一週置きという契約はダメだそう。リハ月4レジャー月2にしたいんだけどなぁ。
ヘルパーも同様。デイの入浴あるなら週一は不要。10日に一度洗濯程度で十分かと思うが如何に。
オムツ代がどれ程か不明だから呑気に依頼できないのだ。計算通りには行かないだろうし難しい。

そんなこんなの会合でまたしても2時間超。神経やられるわこれ。疲れたしみじみ疲れた。
そこからケアプランはまた後日作成なのだが支援センターケアマネの契約。
重説の読み合わせするんでしょ?頼むからイイから勘弁してと極力割愛してもらう。
やられたら更に1時間近く掛かるよこんな世界の人たちじゃ。重説好きな私でも今日はダメだったw
んでヘルパーもレンタル業者もまた個別に契約を結ぶんだそうだ。今から面倒だなぁ。。。(苦
とにかく今までの部屋は全て引き上げ本日をもって明け渡し。もう帰って使いものにならんかった(死

いやオムツ助成今月までなので最後の力を振り絞って更に買いに出掛けたんだった(苦
流石にかさがあるので荷物持ち人に頼んだ(泣

21日
昨日の今日で休んでる暇もなく11時半アポの個床特養CCに面談と見学。担当E氏♀
180人待ちの定員80人 11月下旬から12月が次の判定会議だそう。施設によって違うねぇ。。。

行ったなりエレベ前にお菓子やカプ麺などが100円箱に入れてと置いてある。簡易売店ね。
これはまずい。喫茶室とかもあるこれもまずい。食事制限など聞く耳を持たない婆さんには毒。
食事も個別プレートはあるそうだがオープンキッチンで通いのおばさんがお味噌汁を作ったり
食欲のない人にスープを作ってくれたりと対応もよく見るからに美味しそうであった。

そして非常に自由度が高く 早起きの人は6時から朝食だったりするが 起きられない人には
なんとブランチですってよ(笑) 無理に全員会食ではないそうで 朝食ない人には栄養補助に
おやつを提供したりするんだそうな。挙句に安いと。本当に私が入りたい素晴らしい所だった。
こんなとこと婆さんには勿体ないのだが。。。

更にここは「看取り」をする施設だそうだ。他の特養では出されてしまう胃ろうなども入所後の
処置であるなら可能だそうだ。つまりここに入れたら次の引越しはなくなり死ぬまで居られる。
悔しいけれど私にとっても一番安まることだろうと思う。他のところが決まればここは断念。
贅沢は言えないから決まったところに入るだけ。決まって入居後にも転居てデキルのかな(課題

とにかく通常はこの見学面談を終えて再アポして申込書を入れに行かなくてはならないのだが
必要書類のコピー等持参で行ったのでその場で書いて差し入れてきた。死ぬほど助かるそれ。
そして更にまた二ヶ所申込なのだが 添付する公的意見書が現入院先のものなので退院後は
新たに作成せねばならないから なんとか今月中に動かねばならぬ。腰が立たなくても行かねば。

帰りにジムで1本とストレッチ風呂。楽しくないまったく。腰も痛い足も痺れてた2本が3本に増えた。
まるでやる気も元気もなく夜のダンスクラス辞めた。疲れたよパトラッシュどころじゃない疲れ。
酒と眠剤で寝る。本当に今日は精神的にどよどよ。自分のことも考えなくてはなぁと少しだけ思う。
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kazsp96.blog.fc2.com/tb.php/3198-2261b86a