婆さんが脳梗塞になった6 脳梗塞医療費

2014.05.13(00:00)


後日と誰かの参考のため覚書

●まず手術のための病院
(急性期の脳外科病院にて開頭オペ施行)
4月3日~4月24日
保険点数 合計123493点
初診282 入院料等25402 医学管理料1205 画像診断3670
手術輸血3880 麻酔1394 リハ10480 包括診療77180

後期高齢の高額医療1ヵ月負担金上限が15000円
これに食事療養費負担額が5700円  支払合計20700円

●転院リハビリ病院
4月24日~4月30日
保険点数 合計29852点
リハ15425点 入院料14427点

高額医療1ヵ月負担金上限15000円
(転院のため2箇所から請求で支払済 確か後から還付された記憶あり)
食事療養費14216円 食事負担金2000円 
自費:アメニティ3780円 オムツ代2348円 支払合計23128円

食事の費用がよくわからん。聞いたけど要領得なかったので放置中。

なんとかなるだろうが短期同士の金額につき5月丸々がいくらになることやら。
これにプラス我が家としては留守中の老人ホームの利用料が掛かる。

あとはアメニティ(日常着・リハ着・タオル←全て支給持込不可)のおかげで
洗濯物が出ないのが非常に助かるのだがソックスだけはダメ。
病院に行って洗濯機を使うのだが少量過ぎて洗濯機がなかなか動いてくれず
些か面倒なことになっている。持ち帰るのはイヤなので仕方がない。
使い捨てのつもりで買って持っては行ったがやはりそうもいかない。

5月1日~5月31日
保険点数 合計131861点
リハ67970点 入院料63891点

高額医療1ヵ月負担金上限15000円
食事療養費65410円 食事負担金9300円 
自費:アメニティ16740円 オムツ代7071円 支払合計48111円

これぐらいなら支払の許容範囲かなとは思うのだけど 急性期病院や
以前新蔵オペ時の病院と比較すると ジム仲間が言ってた通り明らかに高いか。
他より2万円くらい高いのは近在だということで相殺にできるけどね。
ーーーーーーーーーーーーーー
ちなみに平成24年7月~25年6月 1年間に婆さんに掛かった医療費
国民健康保険適用前の金額が凄い。

心臓の僧帽弁置換手術を含む入院が6,423,990円(2月6081080・3月342910)
その手術前後の準備・療養入院が577,490円(2月192910・3月342910)
こんなに掛かるのに後期高齢医療で1割負担 且つ入院手術など1ヵ月
上限15000円+αと。医療費より付帯費用の方が高くつくくらいのイキオイ。

その他1年総額で8,545,110円の9割以上を国が保険で賄ってくれている。
凄いわー。私たちが後期高齢になる頃にはそれすら崩壊するのだろう。
だから無駄に医療費使うなと口を酸っぱく言ってきたのだが 相互扶助の
考えなどなく詐病も含め病院が大好きなクソババアであった。
今後も更にお世話にならざるを得ず こちらの財布もだが国の財政にも
なるべく費用負担が膨らまないように願うばかり。


26日現在 1ヵ月以上経つのに未だ介護認定通知が来ず気を揉んでいる。
郵便事故も含めぼちぼち役所に問い合わせた方が良いのかも。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
平成25年7月~26年6月
総額 4,447,660円(うち26年4~6月 脳梗塞オペ~リハビリ入院費 4,120,160円)

スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kazsp96.blog.fc2.com/tb.php/3162-f7e45ef7