死んだ子の

2013.11.14(00:00)


歳を数えたって始まらねーよ と藤原釜足さんのセリフに。(破れ奉行3話)
(本件に関しては袖の下を取りそびれ もう少しうまくやれば良かったの意だった)


正にこのネタで1エントリ書こうかなと思っていたところだった。


即物的に考えると正に死んだ子の歳を数えている自分がいる。
ラインプレイ(笑)のキャラをアメショ柄にして黒猫幽霊を頭に置いて。と。


そういう現実と また違う日常の現実が。
関係性の良かったものが悪くなったりなんてことは ままあることだけど
ストレスは溜まるが あまりマジメに捉えなくなった自分をちょっと誉める。
残念だけれど他人の気持ちなど計り知れぬ。それを気にしてもせんないこと。
とっとと切り捨て自分が楽しくある方が精神衛生上よろしかろう。


まぁそういう考え方にシフトしたというのは 正に自分が歳を取り
図々しくなってきたことの証左だなとも自己分析w わっはっは。


追記:あー今日も面白かった てめぇらぁ(`・ω・´) Kill!

スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kazsp96.blog.fc2.com/tb.php/3117-e3ff1ef0