イソガシス

2013.02.20(00:00)


婆さんが心臓の僧帽弁不良にて手術をすることになった。
一般的には高齢ゆえに大手術は控えるところなのではあろうが
弁が不具合なだけで心臓は滅茶苦茶に快調にて推奨された。


しばらく詐病が続き関係者にも迷惑をかけ勿論私も大激怒な日々が
続いたが狼少年が本当になってしまったというところ。
とは言え相変わらず詐病もどきの不定愁訴をかましまくりで閉口。


ともあれこのオペにより100まで生きながらえるんだろうなぁと。
手術という選択が良かったのか悪かったのかはわからない。
直近1年の状況を鑑み決めたワケだが。


万一合併症が起きることはあまり考えていないまま今日まできたが
脳梗塞やら諸々のリスクはあるかもとの説明を受けて些か愕然。
公的ホームにて三ヶ月継続入所しないと出されるリスク以前の問題で
ホームに居られなくなるかもしれない。それは困る。どうしよう。
いまは特養に入ることもかなり難易度が高い。
引き取るのだけは無理。私が狂ってしまう。部屋ないし。
ともあれ今それを思いあぐねても意味がないので考えないように。
だけど性格上グタグタ考えて眠れないのだなぁ(苦笑


ところがひとつ朗報?が。
心臓弁の置換オペをすると当然に元気になるのだが事象に反比例して
障害1級の認定が下りるんだそーな。
そのことで最悪ホームに居られなくなっても何か福祉や介護のご厄介
を受けられるかもしれないなと。
保険仕事辞めて詳しくないがADLの認定なんかも容易になるのかなぁ。


家の契約やら工事やら病院やら八面六臂の大活躍中で体調悪し。
挙句に本人入院中にも関わらずホームでの問題で他人様の引越し代金を
私が支払わねばならないハメにも陥っているしストレス絶好調である。
おかげかたーくさん呑み食いしてるのに痩せてる痩せてるw
合間を見ては整体行ったりダンスクラスも入れてるもんだから時間なし。
本当に疲れているよパトラッシュ。明日婆。金曜日は自分の耳オペだわ(苦

スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kazsp96.blog.fc2.com/tb.php/3048-f2803aa9