乳頭洞炎その後

2012.09.21(00:00)


大学病院に行ってきた。
再診だけど2年振りなので初診扱いとなり 10時半に行ったところ
診察室に入ったの14時近く。。。orz
新米なら早かったけど 流石に前回からここのいい加減な医師には
不信感が一杯だったので 一番エライ先生を頼んだ為に遅い。
まぁ途中でお昼ご飯食べに行ったり 本読んでたからアレだけど。


結果は小オペを勧められるが断る。
酷い炎症や潰瘍が内部で増殖しているのかと心配していたのだけど
水分等もMRIは拾ってしまうそうで 普通に今迄の悪症状が出てるとのこと。
なので「広義な」乳頭洞炎ということらしい。
もう悪いのが慣れっこだから むしろ今の鼓膜も塞がって聞こえが悪い
なんてのが快適くらいに思っていたし。


一番心配だった顔面麻痺だとか脳の組織を阻害するという件も所見では
大丈夫みたい。顔面麻痺になるのはかなり稀な部類だそうだ。
酷くなって耳後ろを切開して骨を削ってのオペの可能性はあるそうで
小オペをやることによりまた更にリスクが低減されるようなニュアンスも
あったけれど それやっちゃうと耳に水入ったりするのに神経質になるし
またメンテナンスも面倒だし 経過観察にしてくれと言う。
だって今の状態ならダイビングできそうだもん(しないけどしたいけどw)


とまれ結局また通院となってしまった。来月とか言われたけど11月にした。
まぁオオゴトにならずヤレヤレといったところで少し安心。
思った通り 眩暈の因果関係は希薄。眩暈ってそんなもんなんだよねー。


なんかホント私の身体は「家庭の医学」なんかに載ってるような症例じゃ
ないことは多いし 経験薄い新米さんなんかにいい加減な診断されるより
自分が一番解ってるって感じがアリアリ。それって良くないことだけど本当に
当たる医者当たる医者質が悪い。コネ使ってもダメだから嫌になる。

スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kazsp96.blog.fc2.com/tb.php/2994-d5965829