鬼平犯科帳 四度目の女房 4種盛

2012.09.18(00:00)

時専chの敬老の日スペサル「鬼平犯科帳祭り」を楽しみにしていた。
あまり鬼平は好みじゃないんで殆ど見たことなかったからねー。
時々再放送していたけど丹波と白鴎だけで錦兄パートがなかったし。


で そもそも吉右衛門は見るつもりがなく他3本だけ録画していたけど
帰宅後 錦兄verが始まってて吉右衛門verと続けてうっかり見ちゃった。
永島暎子が出てくるだけで薄幸な女の話だなと判るw
小島三児にしては珍しく嫌な悪役だったなぁ。相手は岡本富士太。
話の筋立ては面白かったので 前二作に一層期待が膨らむ。


白鴎版と丹波版は相変わらず アレンジは違うけど山下毅雄さんの
オープニングがジャジーでステキ。気持ちいいねぇホント。
火盗同心忠吾の志ん朝さんはどちらにも出ていて やはり科白回しが
滑舌よくて気持ちが良い。


お話は伊之松という大工が盗賊一味で 親分の命により狙った商家に
大工として入り 普請をしながら抜け穴を造り成功するたび河岸を変える。
それを何度かいろんな場所で繰り返し そのたび嫁を貰いながら4度目。
今度ばかりはその女に惚れちまった。が仕事はせねばならぬと別れを告げ
尾張に出奔するのだが その帰りを待ちながら女にいろんな事が巻き起こる。
足を洗って4度目の女房と因りを戻そうとしたら 自分の親方が元で妻の災厄。
挙句に仕事のツレに自分の女を殺された話を聞きいきなり復讐。
江戸に戻る なーんて話。


その大工が伊之松 妻がおまさorおふさ 仁吉は泥棒仲間の嫁殺し。
粂八(等)は裏の仕事から足を洗って鬼平の配下の民間人。順に。。。


白鴎版:林与一 林美智子 松山照夫 牟田悌三
丹波版:古谷一行 高田美和 伊達三郎 新克利
錦兄版:岡本富士太 永島暎子 小島三児 堺左千夫
吉門版:西岡徳馬 森口瑤子 ちょと不明 猫八さん


と良い配役だわー。今回は配役について何の情報もなく見ることにしたので
いきなり林与一さんが出ててヘナヘナになってしまった。大好きー(泣
今も昔もこんなに綺麗で色気のある男の人はいないよぅ。いるだけで濃厚。
ってことで無条件白鴎版が私の中ではベストになっちゃった(苦笑


粂八さん役は悪いが私は牟田悌三嫌いなのでそれ以外は堺さん猫さんと
物凄く嬉しい配役。うたさんの新さんは眉毛ないのにびっくりだが
前科持ち設定だからいつもの柔和な役柄と一線を画そうとしたのだろう。
現代版はハナからアテにしてなかったけど 森口瑤子は自然に可愛かったな。
女優さんはどの回も良かったなと思う。林美智子さんがやはり可愛さ一番かな。
浩吉の娘にはびっくりしたw 一番綺麗な頃だなぁ。暎子は通常営業w


4話ほとんど科白も同じだし脚本使いまわしなんだろうと思うのだけど
忠吾が岡場所で遊んだ話を更に聞いて。。。というシーンは丹波と吉右衛門に
入っていなかった。この話でここが一番良いシーンだと思うんだけど。
吉verは尾美としのりで時代的にそんな話は省いたのかもしれないけど丹波まで。
こういうときの錦兄は粋でよかったなぁと思った。


そして。「エライ人」の役は無条件に丹波はいいねw いるだけでエライw
いくらかは監督次第で描写が違うのは当たり前だけど ラストに持ってこられた
錦兄の立ち姿は本当にかっこよかった。シュッとしてるのよシュッと。いい後姿だった。


まるで同じ話を4回見るのはヘビーだったけど きちんと楽しめたので良かった。

スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kazsp96.blog.fc2.com/tb.php/2992-459443d1