映画延々

2012.07.15(00:00)


まーたファイナルデッド一挙放送見ちゃった。本当に飽きないわー(苦笑
それだけでもなく。。。


●ノウイング
これ前にも見たけど書き忘れてたんで もう一回見てみた。
ニコラスケイジ嫌いでいたけど昨今どうにも良いことに気付いた中の1本。
ラストまではホンのぬるさを感じる部分もあるけれど 事故画像なんかが
見て良かったなと思わせる描写。
50年前のタイムカプセルに事故日と座標と被害者数が書いてある。から
現在それを追う選ばれしものの父という感じー。
そして「やっぱり女はダメだw」と思わせる部分ハリウッドにしては珍しくアリ。
聖書を読み解いているのであれば更に楽しめるのだと思う。
忘れた頃にまた見てもいいかな。サインなんかよりなんぼかマシ。


●キックアス
これまたニコラスケイジ。コミック風の面白映画だけど結構キツイ。
これも再視聴には十分なブツだけど2時間弱は長すぎる。
最初の展開がもったりしてたんで あと15分くらい縮めてくれたら良かった。
女の子が大変キュート。


●マルタイの女
伊丹作品放送中。何を見ても未だに面白いなぁ。この才能は凄いや。
日本映画の中で伊丹作品中のスタントは素晴らしいと私は思っている。
決して派手なアクションではなく 日本においてのリアルさと言う意味で。


西村雅彦のお面火だるまカースタントが素晴らしいと随分前に書いたが
勘違いしていた。確かにこれも良いけれど この前後のカースタントも
前述の通り派手じゃなく「ありえる」リアルさが良いのだが記憶では
白い軽自動車でのスタントもあったのにマルタイにはなかった。
どうやら他の作品といっしょくたになっている。修正しなくちゃなー。


●静かな生活
伊丹の中でこれだけは未見。原作があった映画だから。
再見不要物件。知的障害者に対する理解を深めようという話か。
しかし知障の息子と浮世離れした娘という厄介な子供をほったらかして
オーストラリアに移住する親の気がしれない。親からして浮世離れだ。


そしてこの娘がしっかりしてるようで やっぱり生ぬるいお金持ちの
穢れなき嬢ちゃんでしかなく 見ていて苛々するより他ない。
今井さんのパートも不快な話ではあれ どっちもどっちだわ。
佐伯日菜子って何か意地悪な役でドラマで見たことあるなぁ。なんか変。
渡部篤郎はこの役以外を見てるから 敢えて上手いなぁと思った。
いずれにせよ面白くも楽しくもなく むしろ不快な部類だ私には。

スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kazsp96.blog.fc2.com/tb.php/2958-a246768f