運命峠のお家探訪がよい

2011.11.03(00:00)


長いよ6分強
D


なんつーか渡辺さんてテレビがカラーになった創成期とでもいうか 昔からかなり
いろんなのに出ていた人で 昔のものを見ると当然の如くなんにでも出てる。
昔から殆ど坊主っくりで朴訥で真面目な役が多く 好感度が高い人だと思う。
おかげで「俺たちは天使だ!」のアツシに違和感バリバリだったのも思い出される。
こないだの「お祭り銀二」にも出てたなそういや。アイドルと同列に出てるのよねw
後年では役者として見ないと思ったら 当時は親の債務のためにやってたそーな。


それはさておき「運命峠」
いまこれに夢中。旗本退屈男より夢中。手に汗握ったりしてる。
徳川家光と双子だったため捨てられた片方が浪人となった正和サマ。
流浪の旅の途中で徳川に狙われる豊臣秀頼の子 秀也と桂宮蓮子と侍女を助けて
話が進んでいくのだが これに出てくるアツシがとっても良い。


豊臣復興を画策する甲賀忍者闇の七兵衛VS伊賀忍者運天アツシの秀也争奪戦
毎回子供がさらいさらわれの繰り返しなのだがハラハラするw
七兵衛がこれまたイヤな奴で戸浦ロッコーさんが好演してるのだが憎らしいったら。
ロッコーさんもあれこれたくさん出てる人で 時専ch見てると大概毎日出てたりする。


これまでも道中で織田信長の末裔の姉弟と仲良くなってみたり徳川豊臣織田の
子供たちがすれ違うというお手盛りな展開なのも面白かった。
お話自体は単純な争奪戦の緩いジェットコースター展開だがやはり役者が皆上手い。
正和サマの殺陣は言わずもがな。ちょっとおひきずりな着こなしをしてるんで
殺陣のとき うっかり裾踏んずけて転ぶんじゃないかとそれもハラハラするのだが
勿論そんなこともなく流れるような刀捌き。

f:id:kazsp:20111103133155j:image:w360

これまた若さま侍捕物帳に引き続き 正和モノとしてBDに焼くこと決定。
見ないとは思うけどちょっと消すには惜しいもの。時代劇の正和ほんとに良い。
だけど一昨年あたりか「樅の木はなんとか」っての見たけど 声がまるで通らず
軽快な殺陣も見られずで もうダメなんだろうなぁと思った。
質の悪い地上波の製作で時代劇に出られるより 古いの探訪した方が遥かに良い。
それにつけても「古畑役者」に成り下がってしまった正和サマが残念でならない。


しかしこのタイトルバックはないよねー 怪奇モノかと思っちゃうよ関テレ製作w
f:id:kazsp:20111103133925j:image:w360

スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kazsp96.blog.fc2.com/tb.php/2809-0ff05557