若さま侍捕物帳とかいろいろね

2011.08.02(00:00)

時代劇が私をだめにする

まさかここまでハマるとは思いもよらんかった(号泣
富さんの「御金蔵破り」で改めて殺陣の素晴らしさに気付いたのが運のツキw
(とは言え「御金蔵破り」については殺陣は別で千恵蔵先生の方がたまらんが)
こないだから夢中で見ている「風」のみならず更に増えてきてしまった。
もう面白くて面白くて朝から晩までかぶりつき。。。


「荒野の素浪人」
いわずと知れた三船のブツ。椿三十郎の三倍強い峠九十郎ときた。
そういえば昔は大出俊も良く出ていたけどさっぱり見なくなったなぁとか
二郎さんがなんだか可愛くて可愛くて見てるだけでニコニコしてきちゃう。
三船の殺陣はやはり豪快で見ていてスカっとする(死語だなこりゃ
切先を外に向けてるのに内側に払うように切ってみたり返しが鋭かったり。
本当に惚れ惚れする。また斬られ役の人々もうまいったらありゃしない。
後述するが 初回と二回目放送を見て脚本の素晴らしさに完敗で乾杯となり
もう見続けるしかないやと腹ぁ据えちまったんだよって感じ(マテ



なんてことを思いつつ 数ヶ月前から近衛十四郎と品川隆二のおなじみさんw
月影兵庫と花山大吉はそれこそ子供の頃必ず見ては思い出深いのだけど
なぜか見る気にならず2回くらい見た程度かなぁ。クモがやっぱ苦手だからかな(苦笑
そもそも私はこの人の柳生十兵衛がたまらなく好きだったのよー。
近衛十四郎じゃなきゃダメでなー。千葉真一の柳生十兵衛は見れなかったもの。


コミカルな役だけど当時品川隆二が大好きで大好きで 後年ヤクザ映画に出てたのを
見たのは嬉しいような悲しいような微妙な気持ちになったことも思い出す。
二人とも大好きだったんで 猫を嫌いにならないでー(泣 と思ったり
オカラを食べてみたくなって 初めて食べてみたら不味くて私にはムリだったりw


そんなことから今回も見るつもりはなかったけど 何故かなーんとなく
「いただき勘兵衛旅を行く」を見始めたところいけません。やっぱり好きだわー。
目黒祐樹もこの頃は凄い美青年。兄貴よりカコイイ。しかも嫁江夏夕子まで共演。
近衛十四郎没後 この共演は今にして良かったなぁと見る側も演る側も思うかな。


三船とはまた違う太刀捌きの素晴らしさ。超絶長差しだったことを思い出したよ。
これまた柄の長いことw それをなんの苦もなく自然に操る物凄さ。そして速さ。
本当にゾクゾクするよ上手くて。松方は一生この親父さんには敵わないなぁ。
私的に近衛十四郎が一番うまいと思う。


んで3本も見るだけで大変なとこにもってきて 時専チャンネルはテレ東の映画CMばりの
ファンキーな宣伝するもんだから新たに田村正和の「若さま侍捕物帳」が追加となる。
んもー毎日4本とジム行って私の一日はいっぱいだよ。本も読んでる暇がないほど。
f:id:kazsp:20110805143408j:image:w360

今のマサカズを知ってる人には意外なんだろうけど やっぱり彼は時代劇が似合う。
平手造酒やら眠狂四郎の円月殺法やら鳴門秘帖やら もう珠玉の目白押し。
また上の二人とは違う「ケレン」な殺陣が素晴らしい。両利きなんだよねー。
もう毎日ジェノサイド 突然ガバチョならぬ大殺戮大会。なんとも楽しい粋な殺陣だ。


これまた今回は脇が物凄い。田淵の嫁wが出てるのは忘れてたけど今にしてみても
キレイでおっぱい星人の私としては嬉しい限り(当時は好きじゃなかったけど)
市原悦子はまだキレイだしw 大好きだった松山省二さんまで出ているし
伊藤雄之助の二人羽織のオープニングも素晴らしく感激するし 何を置いても何より
中村梅之助が出てるのにもうKOだわよ。それも北町奉行なのよーっ!
遠山左衛門尉ではなく 矢部駿河守というのがちょいとばかり残念だけれど
お白州のシーンなど もう今にももろ肌脱いでくれそうでドキドキしちゃう。
この人はあんなに真ん丸な顔なのに えもいわれぬ色気がたまらないのだな。
杉良やマサカズなんかより余程色気があると思うよ私は。梅之助の金さん見たい(泣


なにより素晴らしいのは 出てくる役者さんたちが本当に上手いこと。
殺陣もさることながら基本の演技が素晴らしい。悪役の人の安定感たらもう。。。
懐かしく素晴らしく 死んだ人がそれは多いけどw 今また見れるのは幸せだ。
柴田洸彦さんが出れば「あぁ薄幸な役回りね」とか思い当たる自分も好きw


そしてもうひとつには脚本の妙。
今じゃ推奨しないためか「自害」なんて描写はないよね。
結婚前に夫の同僚に犯された嫁が自害とか
 ミッションに失敗した旗本武士が黙って自害とか まさに詰め腹を切るという感覚が今ではないなぁと しみじみ思った。
水戸黄門でもそうだけど やっぱり逆切れ起こして切りかかるなんてことは
「アリエナイ」ことなのだろうなぁ。現代の感覚を入れて時代劇はどんどん様変わりか。


本当にこんな古いの地上波で流した方が余程視聴率稼げると思う。
それじゃ電通や製作会社が儲からないからしないけどさ。
よっぽど中身も濃く演技もうまく楽しめるのにね。
昔でこうなのに 今は湯水の如く制作費を使ってロクなもん作らないっておかしいよ。
製作じゃなくて色んな人々の懐にまわるからなんだろうな。


ともあれ昔の時代劇ならなんでも良いでもない。
「喧嘩屋右近」は面白そうだけどダメだし 元々「木枯らし紋次郎」は苦手だったし。
杉良で好きなのは大江戸捜査網と黄門初代だったり それなり好みはうるさいのさw
あとは「天下堂々」を何処かでやってくれるのを気長に待つばかり。

スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kazsp96.blog.fc2.com/tb.php/2740-6ddbaed4