映画2本

2011.07.26(00:00)


「山形スクリーム」を映画と呼んで良いものかと些か悩むところだが。
真夏のホラー特集とかって暇潰しにはいいかと思ったのに。。。


はっきり言ってこれは劇場公開しちゃいけないと思う。
はっきり言って面白いです。あくまで竹中直人フリーク限定で。
それ以外の人には(それの人にも)箸にも棒にもかからないブツ。
町おこし感覚には良いのかもしれないけど 山形なんかでやる意味なし。
相模原や茨城の山間部あたりでも十分じゃんねぇ。。。


全編「恋のバカンス」と思って間違いないっす。TBSの深夜にやれよと。
全然ホラーじゃないし一般的なコメディとして笑えるものでもない。
ビシバシステムや六平ちゃん温水など いつものメンバーをいつものノリで見られる
嬉しさはあるし 竹中の昔っからのお約束のセリフや間の数々
「御意ぎょい」もありがちな「音くりかえし」重視のセリフ。
「ものすげ痛ぇー」→赤井秀和のセリフ回し相変わらず下手でイラっとする。
赤井に限らずこんなのをみんなに言わせている。もう竹中節なのだよね。
ストイコビッチw風の身のこなし。こんなとこ(映画)じゃなければ楽しめたのに。。。


再見不要物件というより見るもんじゃない。
もう最悪だーと思いながらも 竹中信者として最後まで頑張ってみましたよ。
きちんと名前も知らないし唄ってるとこも意識して見た事ないけど男の子は
「あーこの人はエグザイルだ」ということは判った。
沢村一樹(名前だけで2ch脳炸裂w)や 無駄に蓮司や由紀さおりなど出演。
なんでここまでつまらんホンを書いたのか 書けたのか 理解不能物件。


あとは今まで敬遠していた「ネクスト」
だって好きでもないニコラスケイジ(ただ彼の出る映画はそこそこ良作多し)に加え
大っ嫌いなジュリアンムーアが出てるのだもの。あの顔でよくハリウッドの主演を張る。
おこがましいったらありゃしない。あんな横顔の汚い女はいない。
鼻筋なんかベコベコだし眉間からデコにかけてのラインも中に鉄板でも仕込んでのかと
思うばかりで ノーメイクでアバターにでも出りゃイイんだと本当に嫌い。


この感想は今回も変ることなく せめてニコラスケイジ植毛でもしてくれりゃぁ
いくらかマシだったのになぁと思ったり。ところがこれホンは面白かった。
いかにもハリウッド映画的だし いままでにありそでなさそなベタなものだけど
だからこそ楽しめたというか。役者変えてやってくれたらとそれだけが残念。


そーいや真夏のホラー特集の一環で「悪夢探偵2」も見たっけ。
松田龍平は本当に得だなぁと思うだけ。
どんなに演技がどうでも良くても 一応の雰囲気で優作好きな人たちなら
脳内補填をしてくれるだろうから悪い感情は格段に減ると思う。それだけ。
これも期待はずれでとってもつまらなかったなー。
いわゆる「1」と見る順番が前後したけど「2」を見てもう要らないと思った。


もうリングは飽き飽きだし 芳雄つながりじゃないけどテレビ版のリングなら
また見たいなあとは思う。あっちはきちんと両性具有の話が入っていて
原作にいくらか忠実だったもの。映画版はまるで貞子の悲哀は入ってない。
ホラー映画さして好きなわけじゃないけど ちょっとドキドキして見たいお年頃なのだ。

スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kazsp96.blog.fc2.com/tb.php/2735-afde245b