キャタピラー見た

2011.05.26(02:28)


前にアカデミー賞に寺島しのぶがノミネートされた数分の場面を見たことから
この映画の概略は調べたことがあった。

R15指定だし地上波でやることはないんだろうなとか 内容に興味はあれども
わざわざレンタル屋行って借りるかと言えば「ちょっと。。。」て感じなんで
CSからレンタルして見てみた。

戦時中でありがちな植民地での陵辱やらDVのダンナが四肢を失い復員してくる。
勲章を貰って帰ってきて「軍神さま」と崇められるダンナ。
でも口もきけなきゃ勿論動くこともできないで 食欲と性欲の処理をする嫁。
恩給を貰っても合わないよねぇと身内は言うが 所詮面倒を見るのは嫁だし。

あらすじ以上の話ではなかったか。
いつこの虐げられた女房がダンナを殺すのかなぁと思ってたりもしてたけど
まぁ順当なラスト。

ただどう見てもこの一家。疎開をしてきた様子ではなく元からの百姓場。
いくら「軍神さま」「傷痍軍人」に対してにしても 敬語を使えるのに違和感が。
あんな田舎で教育もないような人があそこまで言えないと思う。

病弱で赤紙が来なかった弟も結局は終戦間近に徴兵され 無事に帰ってきたに
したところで 普通なら主人公の兄嫁と一緒になるのが当時としては一般的だが
設定が石女では家系的に意味がなくどうすんだかとか色々考えちゃった。

まぁ安かったから良いけどやっぱしお金払ってまで見るほどではなかったかなー。
浅い。

スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kazsp96.blog.fc2.com/tb.php/2683-b6e52214