これで全日の屋台骨が揺らいだらどうしてくれるんだい

2010.12.17(01:45)


 プロレス観戦中に場外乱闘に巻き込まれて左足を骨折し、後遺症が残ったとして
福岡県内の30歳代の女性会社員が試合を主催した全日本プロレスリングと場外乱闘をした
同社社長の武藤敬司さんらプロレスラー2人を相手取り、約4400万円の損害賠償を求める
訴訟を福岡地裁に起こした。
 16日に第1回口頭弁論が開かれ、同社側は請求棄却を求める答弁書を提出した。
 訴状によると、女性は2006年9月、北九州市の体育館でプロレスの試合を観戦。
武藤さんら6人が場外乱闘を始めたため1階席にいた女性は出口付近に避難。
乱闘は2階席に移動して続き、レスラー1人が落下、真下にいた女性を直撃した。
 女性は約3か月入院し、治療費の大部分は同社が負担した。骨折は治ったが
足首が曲がりにくくなるなど後遺症が残り長時間歩いたりするのが困難になったという。
 同社は読売新聞の取材に対し「当時はできる限りの誠意を示した。訴訟については
弁護士に一任している」としている。

プロレスチケットにはお約束でそんなの責任とらへんでーと書いてあるのだがこの人は
治療費やら何やら払ってもらってるという破格の扱い。
後遺症てなぁ。骨折れば寒くなりゃ疵も疼くことはあろうけどどうなんだろ。

プロレス見に行ってヤジがイヤだとかいうゆとりバカが昨今すんごく多くてそれすら
閉口なのだけど ホントこういう人は見に行かない方がいいよ。
ヤジられた選手が傷ついて鬱病にでもなったらどうすんだとか平気で言うバカ。
そんなふぬけは選手になんぞなんな。そういや野球でもあったなぁ。

こんなプロレス氷河期にこんな話題でしか全国ニュースソースに載れないのは悲しいね。

プロ野球の楽天-西武戦を昨年5月に観戦中、ファウルボールが右目に当たり、
失明寸前になった男性が先月7日、楽天球団などを相手取り約4400万円の損害賠償を
求めて起こした訴訟が球界に波紋を広げている。球団側が敗訴すればさまざまな影響が
出るのは必至。球界関係者は訴訟の行方を注目している。

こういうことだよね。毎日毎日世もマツなことばかりだ。

スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kazsp96.blog.fc2.com/tb.php/2559-f9db6d02