自己判断がよろしくなさげ

2010.05.15(01:04)


なんせ年季の入った薬漬け。もうなるべく安定剤関係はノーサンキューなので嫌だなーと
思ったら飲まないでいたところダメみたいっす。薬が切れると悪魔が現れますw
婦人科では低容量の貰ったから しょーがない暫くきちんと飲んでみっかと。
しかし飲み続けるのは凄く抵抗があるなぁ。早くこの波から抜けると良いが。

従姉妹など年上が多いだけに本当に色々だわね。みんな60前後なんだけど
気の強いような人ほど平気みたいで 性格の悪さは更年期では変らないw
むしろ普段すごく優しくて気の小さい従姉妹が一昨年あたり酷くてびっくりとか。

暴言吐きまくりで誰もが耳を疑い「それTちゃん(気の強い性格の悪い方)が
言ったならわかるけどMちゃんがそんな言葉を吐く自体が解せない」と。
40を超えてから結婚して だんなさんは亭主関白の国の人。どきどき。
年上の某大企業の管理職あがりだったことが奏したのか そういう点については
大変理解のある人だったらしく 従姉妹のフォローには随分と回ってくれていたそうだ。

私は回りに付き合う人がいないぶん今更誰かに暴言吐いたり行動で暴れたりなんて
ことはないだろうからその点は安心かもしれないけど それ以外にライフイベントの
計画をまだまだしていかなくてはならないわけで。
資産運用やら社会的交渉やら非常に大事なことはこういうときに決めてはいけないのは
鬱病のときと同じである。しかし決めねばならないこともあるだろう。

明日怒鳴りだしたらどうしようオレ。。。みたいなw
声高に回りに更年期のせいかもしんないなんて話ができるわけでもないしなー
そんなときだからと思いやりを持って接してくれる人がいるわけもない。
大袈裟だけど明日死んでも!くらいのイキオイで対人関係をしていかねばならんのも
かなりヘビーなことである。どっちを向いても辛いことばっかりだ。ヤダヤダ。

スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kazsp96.blog.fc2.com/tb.php/2417-12e0b6d4