年の瀬に激怒続行だった

2008.12.28(03:43)

昨日。婆さんから電話があってその足で行って胸倉掴んでゴラゴラしてやろうと
出掛ける支度して行くばかりであった。
そうは言いつつ夕方で 客もいて呑む支度して始めるばかりの年の瀬だっただわ。
悪いが3時間ほど出掛けてくっから勝手に呑んでてくれと言い残し玄関を出る。
マンソンの下まで出て忘れ物に気付き 部屋に戻ったら行くのが嫌になった。

つーか前日にも頭に来た原因のヤツがウチにいるw
どいつもこいつもまったくと。そんなヤツに「どーどー」されて余計ムカついたり。
それで余計に出掛けようとも思ったが 出掛けた先にいるのは輪を掛けて話にも
ならないクソ婆ぁである。
何も気分悪くなるためにガソリン撒いてまで行くのも不毛だし 何よりあまりに
沸騰しすぎて顔見たら殺しかねないイキオイであった(マヂで)

なので出掛けるの辞めた。そして相手にしないことにしようと頑張って思った。
バカにバカって言ったって通じない。もう何十年もやってきたことだものと。
それにより更にヤツに嫌な思いをさせるよう生きていこうと考えを新たにする。
少しでも同情は禁物。年末に更なる〆をやろうと前々から思っていたが忙しく
既に官公庁も休みとなるが 年明け少し自分が落ち着いて帳簿きちんと精査して
やることやったるど。今に見ていろ地獄を見せてやる。

ともあれ留守番残して出掛けず済んだと言うだけで いればいたで不愉快だ。
黙々と呑むに留まる。楽しくない。何もかも。
誰もが自分の快しか考えない。相手の快を考えるような人は今の私には周りにいない。
それも自分が撒いた種なのだろうが 本当にクズばかりだ。
そもそもオレちゃんがクズの大明神だからしょーがないんだろうかね。

かわいいのは猫だけだ

スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kazsp96.blog.fc2.com/tb.php/2105-3e53628d