悩み多きお年頃

2008.12.21(05:15)


既に決断してはいるのだけど ちょびっとだけ考えている我が家の行く末。

今のここを買うときにとにかく東京の生活の様子見にという意識だけであった。
元来賃貸はこれっぽっちも考えず とにかくお手軽に買えるところであり且つ
流動性の高い物件つまり駅近で探して そしていずれの転居も踏まえて間がよくば
投資物件にもなりうるところと うまうま条件にあったところだった。

実際は蓋をあけてみなければわからないが うまくいけば買ったときよりも
高く売れそうだ。査定そのものも買値すら出てこないシマツ。
さすが目の付け所がシャープだねオレちゃんとは思う。

とは言え今にして思うのは それでも買い方が下手だったなと。
あと数年で築25年になる物件である。それでも良い買値がつくということは
良いことなのではあれ 現実的に20年もののマンションを買うのは余程うまく
やらないと あまりにリスキーというか住み潰すつもりでも足が出るかも。
まぁどこにしてもまるで値がつかないことはないけどさ。

今回売り急いでいるのはそのせいで 25年を境に控除対象から消えるから
覿面に売りにくくなると判断しているせいだ。買う人は買うけどもやはりいざ
お金を出す以上はウチの駅近みたいになんらかのアドバンテージが必要となる。
「次に買う人の立場」で考えるから 数年余裕を残した上で売りたい。
お風呂テレビも地デジ対応してないしなw

単純に年金代わりに賃貸に出そうという意図が元来あったが この数年目先の
家賃収入があってもオーナーチェンジにして投資物件として売れるだろうかねと。
やはり今の不景気と言われる世の経済状況から 賃貸推奨する人もいるけど
低所得者層で危機管理を持ってる人には古くても安い良い物件が魅力となる。
建替案件も今後更に顕在化してくるのは自明だけどさー これも情報操作だ。
実際は実行性に欠けまくりなのだな。

まぁ新たに投資物件を買うよりは今後10年貸して その後に捨て値で売っても
十分ペイしまくりという現状になるのであるけど なんか面倒な気がして。
こういった仕事の形態をしないと私的にはダメなので 面倒がるなどと言っては
いけないのだけど スパンと切って次のステージ考えなくちゃとも思う。
新たに資金投下しないで済むメリットと どっちがイイかなぁと色々悩む。
やっぱちょいとばかり無理をしても 少しでも若いマンソン買わなくちゃ
商売には難しいなというのが本音かな。まじあと5年若いの買えば良かった。

スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kazsp96.blog.fc2.com/tb.php/2098-df74e497