FAKE ゴーチの映画

2017.07.05(00:01)

当時の騒動のときの感想としては強くゴーチへの憐憫があった私である。


⇒FAKE ゴーチの映画の続きを読む
スポンサーサイト

愛と誠 ’74

2017.07.04(16:38)


⇒愛と誠 ’74の続きを読む

グラスホッパー

2017.06.25(16:07)

珍しく見ようと思う近代の邦画。斗真くん好きだし。
虫嫌いだけどグラスホッパーってタイトル自体の伏線がどう絡むの?と。
一応ちゃんと説明して回収してくれてヤレヤレ。
まったくタイトルが生かされてるとは思えないけれどw

⇒グラスホッパーの続きを読む

後妻業の女 映画版 東宝

2017.05.11(13:37)

後妻業 黒川博行 の映画版をやっと見てみた。

大好きな黒川作品の映画化どんな風に料理してくれるのだろうかと。
人間的に嫌いな大竹しのぶではあるが女優の大竹しのぶは信頼感がある。
黒い家も嫌々ながら見たっけ。覚えてないけど。


⇒後妻業の女 映画版 東宝の続きを読む

完全なる報復 '09

2017.05.07(22:30)

U-NEXT再々々入会のおかげでジェラルドバトラー見ることに。
家族を惨殺された主人公が犯人の検事側に意に染まぬ司法取引を
(この検事自身の有罪検挙率を維持するためだけの理由で)
飲まされ10年の時を経て当時の関係者に復讐していくお話。


途中でこの検事どこかで見たことあるなぁ。。。あぁジャンゴだ!と
気付いたのは面白かった。また奴隷から大統領から検事へと転身w
ジャンゴはタラのおかげですべてにおいてアクが強すぎたけど
ジェイミーフォックスってウマい人なんだなぁと見るほどに思う。

さてこの復讐劇が壮絶なのだけど 獄中から犯行を重ねるところが
素晴らしく見応えがある。何より知力を駆使した方法が新鮮。
犯人は勿論ながら一番憎むべきはこのジェイミー検事なのに。

ラストでチェロが爆発しなかったのがこの映画の最大の間違い。
描写はどうであれ。。。ね。 これは再見可能物件 良作でした。


中で掛かる音が色々と気持ちいい。
メンツ見ると(もう老化か名前が出てこないしね)そりゃそうだなと。
ラストなんかグランドファンクだもの気持ち良くないはずがない。
Sins a Good Man's Brother
おかげで見た後ダラダラようつべでファンク聞いてた明け方まで。

映画

  1. FAKE ゴーチの映画(07/05)
  2. 愛と誠 ’74(07/04)
  3. グラスホッパー(06/25)
  4. 後妻業の女 映画版 東宝(05/11)
  5. 完全なる報復 '09(05/07)
次のページ