夏の世に聴く尺八JAZZトリオ

2017.07.22(20:28)

調布市付属のたづくりという施設にて なんとFREE!
先日中村誠一ジャジュLIVEに行ったときに得た情報から行ってみた。
ジョビンとチックコリアやるなら聞いてみたいと思っていたから。
shyakujazz.jpg
⇒夏の世に聴く尺八JAZZトリオの続きを読む
スポンサーサイト

天童よしみ45周年記念コンサート行ってきた

2017.04.30(16:03)

tendo.jpg
サブちゃん特別公演が終了して3年か。。。
オジ―も単独日本公演やらないし生バンドとプロの声聞きたいし
またネタになるかな?wと行くことにした。




⇒天童よしみ45周年記念コンサート行ってきたの続きを読む

KISS JAPAN TOUR 2015 特別参戦ももクロ

2015.03.03(23:42)

ドームライヴはスティングの初来日ぶり。あれで懲りて行かなかったが
KISSじゃしょうがない満を持して行ってきた。やっぱりLIVE AT 武道館がいいなぁ(苦
しかしきっちり楽しんできたわー。人数が多い効果を堪能してきた。

さて今回はももクロが参戦ということでどうなるやらと一抹の不安を抱えていたが
結論はすごく良かったー!KISS組とモノノフがゴキゲンに融合している。
つかモノノフ多すぎw 半分はいたんじゃないかな凄いペンライトだったわー。
見せてもらったらモモクロ名入りのペンライトだったw
しかしKISSをバックバンド&コーラスに従えて たいしたもんだわももクロ。

で何故かアンコールがない。誰も叫ばないのはどうしてだったんだろう?
ももクロが出てきたのがアンコール扱いだったみたいなのだけどそれでもねぇ。。。
帰りも今は規制退場なのね。日本人て大人しいなぁと思った。

ツェッペリンのロケンロールが流れてくるのがお約束でこれ唄うのがシアワセ。
さて肝腎のKISS。前回に引き続き殆ど構成は変わらないけど爺さんたち元気w
ジーンは今日も血を吐いたり。もうわかったから無理すんなとか言いたいくらい。
それが楽しいんだけどねー。顔芸楽しませてもらったわー。
やっぱりKISSのライヴはお祭り。これ楽しまなきゃ損。散々唄って跳ねて帰ってきた。

そして。。。今回のウドーさんは粋なことをしてくれる。
パンフの中にお面を入れてくれたー!ジーンだやったー!
2558.jpg
何かに似てるなと思ったら ジーンて髪しばっているとオプーナみたいだねw
opna.jpg


今回のセトリ
1. Detroit Rock City
2. Creatures of the Night
3. Psycho Circus
4. Parasite
5. Shout It Out Loud
6. War Machine
7. Do You Love Me
8. Deuce
9. Hell or Hallelujah
10. I Love It Loud
11. Lick It Up
- Bass Solo by Gene Simons
12. God of Thunder
- Sukiyaki by Paul Stanley
13. I Was Made for Lovin' You
14. Love Gun
15. Black Diamond

E1. 夢の浮世に咲いてみな(w/ ももいろクローバーZ)
E2. Rock and Roll All Nite(w/ ももいろクローバーZ)

松橋登コンサート 座・高円寺2

2014.11.19(00:00)

前回の阿佐ヶ谷の感想を前ブログにうpしたら関係者の方からコメいただき
今回の朗読会(コンサート)を知る。
そう前から聞きたくて仕方がなかった「高瀬舟」 切符を取っていただきいざ出陣。
noboru1.jpg

noboru2.jpg

「諸々の星にいたるにふさはしきかりや」と題したコンサート
第一部 ことのは
これが松橋さんの森鴎外「高瀬舟(あらすじ)」の朗読。

今日はお着物をお召しになり上座の椅子にちょこんと座った松橋さん。
前回よりも声の通りもよく思い通りのパフォーマンス。
だぶった月が最初は違和感あったけれど お話が進んでいくにつれ氷解。 
水面の流れ 雲の流れなど背景の演出も穏やかな中にもとても説得力のある照射で良かった。

お題を安楽死とかけて考えられる人が多いのかもしれないけれど私はどちらかと言うと
足るを知るという自分の中での哲学の大命題の方が心に沁みた。
今はこの心境jには到底かけ離れてしまっているから尚更。

そして喜助の安息の到達点は「島」であるが さて私の「島」は何かと想いあぐねる。
現状進行ではきっと「島」には辿りつけそうにないなということも。ずっと考えてしまった。

第二部 おとのは
次はスーツにお色直しで登場。松橋さんと言えばシャンソン。
ハードロッカーの私としてはこういう機会でもないと違うジャンルのものを聞かないので
ちょっとありがたい。クインテットの生演奏も嬉しい限り。
プロに囲まれながらのバイオリンの可愛いボクは桐朋2回生の学生さんだそうだ。
「ミラボー橋」とクインテットのインストも良かった。パーカッションの何でも屋さん大変だったw

お唄の方も今日はとても声の伸びが良く 阿佐ヶ谷と違ってお客さんもたくさんおられたので
気持ちよく唄われているなぁと見ていて気持ちが良かった。客席廻ったりサービスも(笑
途中からカシミヤのセーターマフラーにコーデュロイのパンツにお召し換えから

ジュリーと何故か対談の仕事があったときのこと。
岡林信康を初めて歌舞伎町で見たこと/同期の林隆三が亡くなったことへの想い。
美空ひばりの赤坂の1フロアマンションに専用エレベーターで行ったなど邂逅を話しつつ彼らの唄。
それと今日は少し反戦的なスキットが差し挟まれたりしていた。
宝田明と雪村いずみだったかな?舞台公演で沖縄返還前にパスポートで行った話など。

相変わらずどうにもシャイで心優しい内面が前面に出ていて心洗われるようであった。
70歳の人に対して失礼だけど とっても可愛い人なのだな松橋さん。
外出が辛い昨今だけれど今日は頑張って出掛けて良かった。
高円寺だもの呑んで帰りたかったけど食欲も呑欲もないという珍しい私で呑まずに帰宅。
ずーっと朝まで「島」について考えていた。9時頃やっと寝たら株屋の電話で10時半に起こされた。
なんにも考えないでファンドラップ5000k買わされちゃった(笑泣

今回のセトリ
☆私の孤独
☆ラ・ボエーム
☆ミラボー橋
☆幸せを売る男
☆椰子の実
☆蘇州夜曲
☆君住む街角
☆君をのせて
☆君にささげるラブソング
☆脱走兵
☆一本の鉛筆
☆愛の讃歌
☆見果てぬ夢

北島三郎明治座特別公演千秋楽に行ってきた

2014.09.28(00:00)

7589.jpg sabuzou.jpg

DSCN6295.jpg DSCN6294.jpg


自分日記的には2008年から記述があるが 行きだしたのは2006年頃からかなぁ。
「サブちゃん見に行った」というネタを言いたいだけの為だったのに いっぺんでハマり開演中は2度
足を運ぶことすらあった数年であった。それも本日で最後。悲しい寂しいとしか言いようがない。
私の短いサブちゃん人生もここで一区切りされてしまった。

今回も既に今月10日に9列目センターと非常に良い場所で見ているのだが 特別公演東京での千秋楽。
外すワケにはいかないとチケット取るのに苦労したが遂にこの日がやってきた。

まずは前半時代劇。
もう何度もやっている国定忠治の演目。殆どまったく今までの脚本と同じ。
公演最後の悪役は西田良さんに成瀬正さんで 前回より成瀬さんのヅラが以前の今井健二さんの
地獄大使以上のヅラと村山元首相並の眉毛ボーンメイクでパワーアップされていたw

いつものメンバーに加え忠治の子分にも北山くんが出ていたり 今日は病欠だったが永遠の岡っぴき
高松しげおが出ていたり その上役岡っぴき役の人が凄くセリフ回しが闊達でキレイで良かったり。
大好きな西田さんは前半早々に殺されるヤクザの親分役で 千秋楽は3回くらい生き返って殺されたw
今日は最後にやっと西田さんに声を掛けることが出来て感無量だったわー。
西田さんの話

10日の隣の人に撮影させていただいた幕の内弁当
7601.jpg

サブちゃん茶碗は写真入りではなく曲名表記にリニューアル。
DSCN6288.jpg DSCN6287.jpg
これも10日の写真だが千秋楽はどんどん在庫薄で サブちゃんラーメンサブちゃん饅頭とも早期完売。
そして恒例35分の長休憩を挟み売店など堪能してお土産を買って 歌謡ショー魂の唄を。。。へ。

10日の時点でも明確だったが 本公演は例年とは違う構成となっている。
サブちゃん自身の唄が格段に減り 娘婿である北山たかしとのジョイントコンサートのようである。
前からメドレーでたくさんの曲を唄っていたが 更に減っているので寂しい気持ちは強いけれども
その少ない中でも渾身の力で魂込めた眩暈がするほど素晴らしい78歳の御大の声を堪能。
もう年齢的に考えられないわー。あれを生で聞いて感動できない人がいるなら信じがたき愚と思う。
当初より今日はお客さんもたくさん声があがり 非常に暖かい最終お祝いムードの空間であった。

そして今回の北山たかし。ルックスも名前も氷川きよし状な北島シンデレラだくらいの意識でいた。
時折「テレ東 木8」や「NHK歌謡」などでも見たことはあったけれどイケメンなのに凄く骨太で唄える
演歌歌手として見直してしまった。やはりプロ歌手うまいわー。

そして今日は千秋楽ということもあってか 10日登場時は師匠に作っていただいたというネタ的な
金ピカスーツではなく 赤地に黒で華やかながらシックなスーツで登場。かっこいいんだこれが。
更に前半舞台にも出た次女水町レイコとも歌謡ショーで共演。ファミリー色を打ち出していた。
途中娘婿と次女が銀恋を歌うシーンがあるが レイコちゃんこれが凄く唄がうまい。
女優やるより歌手になったら良いくらい。ジャズ歌手なんかに向いてる声だった。意外でびっくり。

北山たけしとサブちゃんのデュエット新曲など 後進に道を譲っていくという演出かなぁ。
千秋楽だから大江裕など北島事務所総出かと思っていたがなかった。
これまた千秋楽のせいか追っかけなのかな?北山くんに凄く声援を送るお客さんがいっぱい居て
微笑ましいやら楽しいやら。
娘からのリクエストという体で「帰ろかな」を唄ってくれたのは嬉しかったが 本当にこの唄だけは
フルで最後の「ああぁぁぁぁぁぁ」を生で聞いてみたかったのだけが数年の願いで悔やまれる。

「北の漁場」が始まるとおわりの合図。北島丸を楽しむのと裏腹に寂しさ一層募る。
間にTAOの太鼓を挟むのが恒例だが なんと今年はこのセンター大太鼓まで北山くんがっ!
もうTAOの男衆に負けないほどの筋肉美を披露。だいぶカラダ作ったんだなと思い感心しきり。
今年のTAOは女衆2人と男衆2人の間に北山くん。後半男衆2人追加で北山くんを取り巻く構成。
必ず年に1度は無条件に聞けていたTAOとも一旦お別れになるのかと寂しい。
オーチャードホール公演あるみたいだけど行けると良いなぁ。

そしてオーラス「まつり」
今年は紅白の連獅子を従えた巨大兜。その真ん中がぱっくり割れて金のしゃちほこに乗った
サブちゃんが「これが北島まつりーだぁぁぁぁよーっ!」とまさにその通りの有終の美を飾る。
いやー素晴らしかった。10日の席はバッチリだったが今日の左桟敷も再度観賞が出来て感無量。

これまた千秋楽のためか一列に並んだ主要キャストを一人一人紹介。
西田さんに声掛けたせいで成瀬さんには掛けられなかったがびっくりどっきり成瀬ちゃんgoodw
いつも歌謡ショーで一瞬だけ現れる司会の人がいなかったがラストのキャストの中にはいた。
おかげで今回バンドの紹介がなかったのは残念だった。サウンドビクトリーというフルバンドです。
DSCN6291.jpg DSCN6293.jpg

そして長年気になっていた舞台センターを張る「温水似(失礼)」のベテランダンサーさん。
DSCN6292.jpg
やっと正体発覚!ググったらまだお若い方なのねー。本当にうまい人だった。

今月伊東に泊まったとき観光会館で12月に公演をやる看板を見てはいたので こういった大規模
特別公演は今年で最後としショットでの公演は続けていくんだなぁとは知ってはいたけど 高齢だし
これから大阪・博多と特別公演は来年初期まで続くのだけど 行ける人は行った方が良い。
私はもう追いかけられないけれど 本当に冥土の土産に見といて損はないよコレ。

なんと全員の挨拶が終わってからリクエストに答え「まつり」1コーラス唄ってくれお客さん大喜び。
そして全員が正座をして土下座のように深々と客席に頭を下げて緞帳が下りた。。。
サブちゃんはお客さんのおかげでこれが出来ると言ってはくれるけれど 本当にたくさんの人の力が
あってこそ成り立つ大舞台。何年か本当に楽しませてもらえた。心からありがとうございました。
DSCN6298.jpg 7600.jpg


悲しさと楽しさ相身互いの今日であった。
演歌にこれっぽっちも興味のなかった私に 御大北島のみならずプロ歌手の凄さ素晴らしさを、
エンターテイメントかくあるべしと教えてくれたのは まごうことなくサブちゃんその人であった。

過去ログ一部
2012明治座
2010ゆうぽうと
2009青山劇場
2008コマ劇場

★オマケ★
明治座そこかしこに次の公演のこのポスターが(あわわわ
あまりにインパクト強すぎて写真撮らずにおられなかったわよ(ブルブル
yosimi.jpg

ライヴ

  1. 夏の世に聴く尺八JAZZトリオ(07/22)
  2. 天童よしみ45周年記念コンサート行ってきた(04/30)
  3. KISS JAPAN TOUR 2015 特別参戦ももクロ(03/03)
  4. 松橋登コンサート 座・高円寺2(11/19)
  5. 北島三郎明治座特別公演千秋楽に行ってきた(09/28)
次のページ